せきれい橋 川上庵 @軽井沢


せきれい橋川上庵さんに来ました~
ハルニレテラスに店舗を構える、超超有名&人気なおそば屋さんねぃ。
外観
あまりにも「軽井沢の蕎麦屋と言えば!」な代表的存在が故に、アタクシは避けていたお店だったのですが。
超ニワカ時代から、今まで1度も訪店した経験がないのに気付きまして。今回初めて入ってみたのでございますっ。
せきれい橋川上庵さんよりも前から軽井沢ロータリー付近にある軽井沢川上庵さんは、昼間は駐車場がないのよね
でもこの時季の平日のハルニレテラスなら、無料で余裕のキャパシティの駐車場がアリ。安心して訪店したわ。


店内は黒を基調としたシャレオツモダンな和風スタイル!
昔からのおそば屋さんにありがちな、狭いとか座り心地の悪い席はナシ
かかっている音楽もジャズだし、もし都会から初めて軽井沢に来た人なら「さすが軽井沢のそば屋!!」って感想を持つと思うわ
シック
それもそのハズ。川上庵さんはSAWAMURAさんや酢重正之商店さんと同じ系列のお店なんだもの~
また以前記した通りきりさとさんと関係のあるお店でもあるわ。
あ、そうそう。お店の入り口とこの客席の間(ちょうどアタクシが立っているあたり)には、待ち合いスペースがあるの。
夏には、それでも到底捌き切れない程のお客さんが訪れるのでしょうね。この日は静かなもんでしたわ。


スタイリッシュで清潔感溢れる川上庵さんは、その雰囲気で止まらないのがナーイス。
もこもこひざ掛け&大きな荷物カゴが備えられている上にプラズマクラスター稼働と、居心地の良さにも気が配られているのですっ。
この日も足元まであったかく、スカートにショートブーツでハルニレテラスを歩き回ったアタクシも全然寒い思いをしなかったー!
店内
Wi-Fiはないとは言え、おそば屋さんって特に冬は女にとって厳しい環境のお店が多いからね。有難い~。
なお、この画像の背後には湯川を見ながらお食事できる少人数用の席がアリ。
木々に囲まれたお店はたくさんあるものの、湯川を眺められるお店は星野エリアならではアタクシとってもリラックスさせてもらいましたーっ。


さぁて。お店は思ったより随分広いのねー
画像左側の奥が1枚前の画像のエリアなのだけど、そこから通路を抜けると画像右側のように個室があるのよ。
おそらく完全な個室ではないっぽいながらも、いろんな状況に対応可能な様子。
個室風
川上庵さんはそばがメインですが、他にも自家製豆腐を使ったお料理や一品料理も豊富。
長野県の地酒を中心にお酒も揃っているから、実は飲み会にも向いていそうね。そんな時にこの個室っぽいお部屋が使えたらいいじゃなーい!
お酒のつまみになりそうなお料理は、昼からわりと揃っているわ。夜の方が更につまみっぽい料理が増えるけどねぃ♪
あぁ、アタクシ1人で来るんじゃなかった


で、メインとなるそばは店名になっている「川上村」のものではないの
『川上村の蕎麦粉を理想とし、県内外、時には海外の良質な蕎麦の実を独自の視点で集め、毎日使う分だけを特注の石臼で自家製粉』だそうで
(HPより引用。)川上村に店舗がない軽井沢のお店なのに何で川上庵と言うか、個人的にはスッキリしましたぁ。
別エリア
話は戻って。前出の通路を抜けたエリアがコチラそう、まだこっちにも客席があるのだ!全然知らなかったー!
ってのも、川上庵さんは河原に突き出すようなカンジに建っていて、通りすがるだけではお店の中の様子が全く分からないのよ。
だから、入ってみて初めて分かるコトがたくさんあるのねぇ。逆に言えば、外の喧騒が気にならない的な。
冬みたいに人が少ない時季は、おそば屋さんとしてはズバ抜けた落ち着きが味わえるわ~。


川上庵さんでは、ワンサンを連れてお食事をしている人をよく見かけるわね。
ワンサン可能エリアはこの2エリア。1枚前の画像のエリアの外側と、お店向かって左側のテラス席のみよ
どちらのエリアも、店内を通らずに外から直接着席できるようになっているの。利用の際は、もちろんお店の方に声掛けをしてから座ってねぃ。
犬可
お店の方に伺ったトコロ、完全な室内はワンサン連れで利用できないそうで。
つまり、冬でも店内はワンサンだとか。
外の席にいちおーストーブはあって点けてもらえるそうですが、本格的な寒さになるとそれでも寒くてムリカモ。
なのにたまーに、真冬にワンサンを連れてこのエリアでそばを食べるお客さんがいるのだそう!!猛者


お店向かって右側にもテラス席がアリ。コチラは店内を通って出るエリアの為、ワンサンは不可よ。
外の席に座りたいけど犬連れの人に恐縮してしまったりするって場合もあるから、この棲み分けはgood
テラス席
店員さんは何人もいらっしゃって、さすがは川上庵さん皆さんカンジが良くだいたいの方に好印象を抱けるわ。
ひざ掛けの存在に気付かなかったアタクシにひざ掛けを持ってきてくださったり、お茶(そば茶)の注ぎ足しも頻繁に来てくださったり。
お客さんが帰る時には、手すきの店員さん全員でちゃんとしたおじぎの挨拶をしていたのもステキだったと思うー。
空いていたので待ち時間10分程で、注文の品がやって来た~♪


牡蠣天せいろ又はかけそば 1830
セット
季節のお蕎麦より。そばはせいろorかけが選べるので、アタクシは迷わずせいろをチョイス
でもまずは、何と言っても牡蠣天牡蠣に目がないアタクシとしては、運ばれてきた瞬間にテンションが上がったの~♪
天ぷらはでっかい広島産牡蠣5つの他に、おまけ的にピーマン縦半分1つも添えられてるわよ。
ピーマンの天ぷらに関しては、まぁフツーに。そばつゆで食べると合うってカンジで


主役の牡蠣はプリプリ&旨みの宝庫~噛めばじゅわーっと汁が出てきて、加熱による縮まりが全然ないコトが分かるわ!
上の方のビラリン部分はしっかり歯応えがある反面、下の方のプリプリ部分はふっくらかつじゅんわり
しかも身が大きいのに、牡蠣そのものの味が濃いのよねぇそばつゆに浸しても負けないくらいの、牡蠣の味の強さなのよ。
後味にしっかりと牡蠣の余韻が残って…あぁ、日本酒が飲みたい
カキフライ
個人的には、そばつゆよりもすだちと塩で食べる方が断然好み!牡蠣の味が旨みのある塩により引き立てられ、いいトコだけが目立つの。
特にすだちの役割はすっごくデカイ!さすがご近所の食材同士!マジでサイコー
衣で牡蠣の大きさを水増ししておらず、何だか頼んで良かったなぁとしみじみ。
別々に頼んでもたぶん値段は同じくらいだけれど、セットでなければきっと頼まなかったから…ナイスセットだと思った


そばは二八で歯応えしっかり。細いのにしこっとしてる気がするわー。
そばの風味も良い程度に香ってきて、見た目から想像するよりずっとそばの味が主張する印象。
試しに天ぷらに添えられた塩で食べてもみたものの、そばの甘みは引き立たなかった。甘みって面ではそうでもないカモ。
そば
つゆは濃いぃ。醤油も強く感じるけど、みりん的な甘みも強めなようなもちろん煮切ってはあるけどねぃ。
地元の人が通うようなおそば屋さんのつゆよりはカツオが強過ぎない為、濃いめのつゆの中では上品な仕上がりではないかと。
濃いのにtoo muchにならない、不思議なつゆなんじゃないかしら~。
薬味はねぎ・大根おろし・わさびの3種。ねぎは元気がいいのですが、すんごく風味が強い!ねぎを入れたら、絶妙な繊細さが一気に壊れるわ


何かめちゃめちゃ見づらくてすみません撮った時はちゃんと写ってると思ったのに、PCで見たら全然そば湯が見えない
まぁでも、そのくらいの白さなそば湯ってコトでね。そばのかけらなどのない、キレイな見た目をしているわよ。
飲み口は爽やかながらもそばっぽい主張があって、ある種の独特さがあるぅ。
そのまっさらな外見よりももったりしたテクスチャーで、味もまったりでもサッパリ。みたいな
そば湯
つゆとのハーモニーとゆー点では、かなりレベル高いのでは!?
合わせて飲む時の味が計算されてるのか、それぞれの味がパズルのようにピタリとハマっているのよー。洗練されてるそば湯ね!
そばの量は都会のお店にしたら、ちょっと多いくらい。このあたりにしたら、ちょっと少ないくらい。
だからこそ逆に他のお料理を楽しめたり、そば湯を飲み切る余裕ができるとも言えるわ。アタクシ、そば湯を飲み切ったー


そう言えばSAWAMURAさんも、値段は安くなくても納得できるお料理だったコトを思い出したわ
川上庵さんにもそれが当てはまるんじゃないカナぁアタクシ的には、牡蠣の天ぷらが質・量共に満足で価格には納得したわよ。
そばは人それぞれ好みがあるのに加え、川上庵さんよりクオリティが高いそばをもっと低価格で大量に出しているお店はあるとは思うけど
湯川
お店を出る時には、「観光とか都会の人しか行かないし」とゆー先入観がなくなっていたのは事実
また行きたいかと訊かれれば、それはイエスだし~
地元に住んでる人は、そば居酒屋的な感覚で訪れると満足度が上がりそう!
旧軽やハルニレテラスとゆー大変手頃な場所にあるので、冬場はお世話になりまーす


あーおいしかった★



せきれい橋 川上庵
長野県北佐久郡軽井沢町長倉字横吹2145-5 ハルニレテラス内
0267-31-0266
11:00~22:00(L.O 21:00)<繁忙期は10:30~23:00(L.O 22:00)>
無休
全面禁煙
温便座有り・ウォシュレット有り・清潔感とても有り


1~7、12枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
8~11枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/19 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1312-67df2cd2