信州産豆もやし @ツルヤ


閲覧注意ホラー耐性が低い方はご注意を





怖い写真撮ろうと思ったら、思った以上に怖く撮れてしまったー
マジホラー
怖!
明瞭度が上がるフィルターをかけておりますので、ホンモノはここまで怖くないカナ…
とは言え顔立ちはそのままだし…実物は小諸駅前にありますよーん
後日、ひょっとしたらありのままの画像を載せる!……カモ!?


大豆イソフラボン子大豆もやし 57
豆もやし
今回はツルヤオリジナル商品ではなく、ツルヤで売っている信州産の商品を紹介~。
1度試しに買ってみたら激ハマリ!アタクシが週に1度は購入している豆もやしねぃ。
アタクシと同じくハマって人がいるのか!?、午後とかだと売り切れてるコトもしばしばなのでっす。


もろもろ長野県のスーパーではしょっちゅう商品を見かけるサラダコスモさんよ。
てっきり長野県の企業かと思っていたら、え!?本社は中津川!?知らなかった~
長野県のローカルテレビにも、駒ヶ根の工場が出ていたから…思い込んでたわ
もろもろ
製造は駒ヶ根ですが、豆自体はアメリカ産のよう。
ここまで情報に溢れた野菜のパッケージも珍しい!トクホよりはハードルが低い、機能性表示食品を謳っているわね。
ちなみに、実はツルヤ以外のスーパーでも取り扱いがアリ。ひょっとしたら首都圏とかでも買えそうな雰囲気


でもアタクシがあえてブログで紹介したいのは、その扱いやすさ
パッケージを裏返して、袋ごとレンジにポイっ♪うちは700Wなので、2分30秒加熱~。
レンジから取り出すと、画像のような状態になるの
レンジ
工場で洗浄済みの為、レンジに入れる前に袋を開けて洗う必要ナシ(あれ??リニューアル前のパッケージにはその旨書いてあったのに~。)
加熱が十分になれば、こんなふうに勝手にパッケージが絶妙な加減で開いてくれるし。(ブログロゴの右側あたりね。)
下ごしらえって観点でもすんごく楽チン♪炒める時でもスープに入れる時でも、理想の歯応えにしたいから必ずチンするようにしてるわ
こんなに楽に下ごしらえできなければ、アタクシは加熱しないまんまスープやら炒め物に投入する面倒くさがりなので有難いの一言に尽きるー!!


で、更に優秀なのがパッケージが力を入れなくてもこうしてキレイに全開する点!
コレがどのくらい助かるかってゆーと、パッケージに入っている豆もやしの全てを無駄なく取り出せる
開かない袋だとどうしてもカスなどが残ってしまうじゃなーいアタクシ、あれがビミョーに気持ち悪いのっ。
オープン!
で茹でれば仕上がりがもっと水っぽくなってしまうけど、コレならそれもナシ!かつ僅かに残る不要な水分を、とっても切りやすーい!!
更には捨てる前に袋自体を完全乾燥しやすいと、いいコトずくめ!!
豆もやしに限らずもやしを調理する時の小さな煩わしさが、確実に全て取り除かれているのがスゴイと思うー。


もちろん、お味もおいしいのですよ豆の味がちゃんとするのに、他の豆もやしよりもクセは少ないカンジなのよね。
そして特筆すべきは食感!豆の部分はコリッ?ポリッ?みたいな噛み応えがあり、芽の部分はシャキシャキ!
と、理想的な豆もやしの食感今まで茹でたり我流でレンジでチンしてきた豆もやしって、一体…みたいな
ナムル
水も出ないわけではないけど水っぽくはならないから、ナムルやサラダや炒め物などに最適!
アタクシは、ボウル1つでできてしまうナムルが得意手抜きメニューですわよ
もやしの中では値段高めながらもこの扱いやすさのおかげで、アタクシは豆もやしを食べる機会が俄然増えたわ!
アタクシのような面倒くさがりな人間だけでなく、時間がない人やおいしい豆もやしを食べたい人にもオススメ!是非是非~


あーおいしかった★


1枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
2~6枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/15 15:10 ] ツルヤ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1309-ffbc640f