和珈琲 @軽井沢


和珈琲さんに来ました~
自家焙煎のコーヒーが魅力のトクベツなカフェよー。何がトクベツなのかは後程♪
外観
2005年にオープンなので、今年でもう10年になるのねー!
過去に訪れた時の記事コチラ


和珈琲さんで最も厄介なのは、その所在地よ。今回の訪店時は、アタクシ過去に行ったコトがあるにも拘わらず迷ったもの
自分でもう迷わない為にも、行き方を記しておきましょう1000m林道を軽井沢方面から来た場合のアングルでお届けしまっす。
左手にSOUILLARDE(ソイヤルド)さんの看板(左上画像のピンクの丸)が出てきたら、まず第一の心の準備ね~。
行き方
それを過ぎたらすぐに、和珈琲さんの看板がアリ(青で丸を付けた箇所)。電柱の根元&低めの看板なので見落とさないでー
看板が指す小道(右上画像の黄色い矢印)を入って行けば、車なら数秒で和珈琲さんに辿り着くわよー。
左下画像の青い丸が、お店の敷地の入り口に掲示されている看板でございます


駐車場は1枚前の画像の右下の、左側に見切れてる部分になるわ。停められる台数は5台程で、車止めがあり停めやすさは十分!
お店までの道も狭い箇所がないし、外観や雰囲気から受けるイメージよりもずーっと車で行きやすいのねぇ
季節が良ければ、サイクリングがてら行くってのも良いカモ。
庭
駐車場の向かい側には、こうして軽井沢らしいお庭が広がるっ
そのパノラマ感は、日常を一気にトクベツな時間に変えてくれるの。
新緑や紅葉の季節の美しさは言わずもがな。和珈琲さんに止まらず近隣の木々と相まって、森の中ってカンジよ。


さ、店内へ~靴を脱いで上がるスタイルでっす。
山小屋のようかつアットホームな雰囲気で、全然お馴染みでないお店なのにすんごく落ち着く~
店内
ココは1975,6年に建てられたフィンランドログハウスで、日本では初めの方にできたフィンランドログハウスなんですってー!
この新しくなさが、逆にトクベツだとアタクシは感じるの。
でも、和珈琲さんにはもっとトクベツなコトがあるわ


それは、営業日~!超不定期営業なのだーっ
以前にも書いたけれどマスターさんは大学教授とゆー本業がおありの為、そのスケジュールに和珈琲さんの営業日が左右されるのね。
大学のテストなどがあるとその近辺は営業不可ってわけですが、なんと今日は営業しているそうよー。
カウンター
ちなみにアタクシが伺ったのは11月30日。次の営業がだいぶ先+路面凍結の恐れを考慮して、今のうちにと行ってきたのであります!
(当初のこの次の営業予定は、今月20日頃だったので。ちょっと余裕を持って伺ったから掲載が少し遅くなっちゃった~
それ以外にも考古学の先生であるマスターさんは、外国に発掘調査に行かれる場合もアリ!営業しているコト自体がトクベツなのよー。
営業日の告知は、Twitterにて随時されているわ。気になる人はチェックを


マスターさんの、知的で様々なコトに造詣が深そうなお話の展開はさすが
学生の頃からコーヒーにこだわっており、焙煎がご趣味だったそう。
自分がおいしいと感じるコーヒーを淹れたいとゆーお気持ちから始まって、和珈琲さんに至るそうよ。
窓
それを支える奥様は、物腰柔らかで気遣いバッチリのやさしそうな印象。自家製ケーキもご担当されているの。
この日はアップルパイがある!とTwitterで知って訪店したものの、焼き上がりは2時間後とな!撃沈!!
焼きたてを提供したいが為、ケーキの焼き上がりは15時が目安と聞いたわ。次回リベンジ訪店時の参考にしよ


薪ストーブだけとは思えない暖かさの店内には、陽当たりがバツグンの席もあるわよ。
この窓からは冬なら1000m林道が見えるのね!ビックリ
太陽光
お客さんは常連さんが多く、マスターさんとお話をしに来るってカンジの方々ばかり。
でもアタクシのようなほぼ一見でも温かく迎え入れてくださるし、常連さんのおしゃべりは興味深く「うるさい」とは全然思わないの。
もちろん、和珈琲さんを目指して迷いながら来店する初めてのお客さんも休日には少なくないそうよ


バカラのグラスが輝きを放つ!!(画像は加工しております。)ずっしり!美しいわぁ
これは個人的な意見になりますがアタクシが和珈琲さんをトクベツだなぁと思う点は、この居心地。
店内には音楽がかかっているのに、それが聴こえないくらいボーっとできてしまう不思議なリラックス感なの!
バカラ
それは常連さんが何人もいらしていても変わらず
なんかねぇ、学校があった土曜日の午後(古い)のような時の流れみたいなタイムスリップしたかのような空気がたまんないのよ!
和珈琲さんにいると、何故か小学校の頃の記憶が鮮明に蘇るたぶんアタクシだけだとは思うけど、超絶ノスタルジーに浸れるのですぅ。
過去に伺った時も同じコトを思い出してたから、アタクシの脳的にはその日たまたまって現象じゃなさそう


そんなわけでWi-Fiは要らない!荷物カゴはなくても広いから平気
ただね、ひざ掛けはトクベツと言って良いでしょう!コレはウズベキスタン製よ!
マスターさんが発掘調査などで訪れた際に購入されてきた現地の品で、カワイイ模様が意外よね。
民芸品
ウズベキスタンって、たまーにサッカーで見るくらい??サッカーが強い(アジアの中では。)=あのあたりではわりと西洋ナイズドな国??
くらいしかイメージがないアタクシ。(とか書いてたら、ちょうど油井さんが昨日帰還されましたねぃ。)
政教分離されたイスラム教の国とマスターさんに教えて頂いて、一つ賢くなりました
なおこの近くに置いてある販売価格40万円のアフガニスタン製の織物を、間違えてひざ掛けにしないよう注意してくださいよっ!!


自家製焙煎珈琲ホット・深煎り 500(税込)
コーヒー
手回しロースターで焙煎されたコーヒー!この豆はエルサルバドルで、この時はつい先日に入荷したばかりと伺ったわ
豆の質もかなり良いモノらしいけど、前出の通り焙煎具合にも相当こだわっていらっしゃるわよ!
1口飲めば、深煎りなのにスッキリとして飲みやすいのがすぐに分かるっ
でも深煎りだからちゃーんとコクはあって、確かに深い味もするの。ミルクを入れるとその深さが目立ちやすいカナ。
ロイコペのカップ&ソーサーで提供されるから、気持ちもリッチに飲み口が薄く、口当たりの良いカップでございましたっ。


お目当てのアップルパイに出会えなかったとは言え、他のお店にはない空気の流れにやっぱり超満足
この唯一無二の雰囲気とリラックス具合は、前回強烈に記憶に刻まれたモノと同じだったわー。
今度はもっと遅い時間に絶対行こうっと
麗らか
営業が不定期な点も、むしろ魅力に思えちゃう不思議な存在のカフェ。
ってわけで未訪の人も、近くに行く時やフリーな日と営業日が重なったら行くしかないと思う~。
軽井沢ならではの良い時間を過ごせるハズよー


あーおいしかった★



和珈琲(wa coffee)
長野県北佐久郡軽井沢町追分1496-17
0267-46-4306
お店のTwitter参照
不定休
全面禁煙
未調査


1~7、11枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
8~10枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/12 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1307-050084e2