スパークリング純米酒 @ツルヤ


軽井沢アイスパークの駐車場の横っちょには、ハイキングコース??の入り口があるの。
その向こうには、見ただけでなんとなーく入るにはちょっと厳しめなコースが見渡せるのですが
鳥獣慰霊碑
入り口の傍らに、鳥獣慰霊碑があるのよー。
なるほど、フツーに死んでいくだけでなく、仕方なく駆除される熊や個体数調整される鹿や猪もいるものねぇ。
そういった動物達にも供養をってコトかぁ。手を合わせておきました


純米生スパークリング(300ml詰) 449
純米生スパークリング
先週ぐらいのチラシに、新商品として掲載されていたのがコレ!
前回のツルヤ記事で言及した、ツルヤHP「ツルヤおすすめ新商品」の項にも掲載されているわね。
アタクシ、スパークリング日本酒って飲んでみたかったけどよく分からずでもコレが良い機会なんだろうと購入してみるわ!


原料など
長野県生まれの酒米であるひとごこちを100%使用しており、ちゃーんと純米酒でありますよん♪
精米歩合は70%だけどねぃ。ちなみにアタクシ、現在日本酒について知識面を勉強中でございます…
原料など
製造は飯山の門口酒造店さん!創業は明治2年だそう。「北光正宗」の銘柄は、ご存知の人も多いカモ
Facebookを見てみれば、以下のような記述が!
これで26年度製造の酒は全国・県・関東信越局と、長野県の酒蔵として出品できる全公的鑑評会・全部門制覇、グランドスラム達成です!
そのスゴさが身を持って分からないアタクシですが、な、な、なんかスゴイ酒蔵さんなのでは~


しかもHPに掲載されている、杜氏さんの若いコト
こーゆー若い世代の方が、明確な目標や高い意識を持って日本酒を作られているのね!いやぁ、ステキ!
さて。栓はアルミのキャップを捻れば開きますが、保管状態によってはバシャーっと行くコトもある為開栓方法を守った方が吉。
開栓
てゆーのも、このスパークリング日本酒は「瓶内二次発酵方式」と言い、以下のような製法なのですっ。(以下Wikipediaより。)
『アルコール発酵が止まっていない醪を火入れせずに酵母が生きた状態で瓶詰めし、瓶内でさらに発酵を進めて炭酸ガスを瓶内に閉じ込める方法。』
コレはシャンパンと同じ製法なんだとか~。
一方去年あたり女優さんを起用してバシバシCMをやっていた大手メーカーのスパークリング日本酒は、コレとは違って「炭酸ガス注入方式」。
要は炭酸飲料と同じ作り方らしく、てっきりこの製法しかないと思っていたアタクシはむしろ「瓶内二次発酵方式」の存在に驚いたわ~


グラスに注ぐと、細かい泡がシャンパンみたいー!ちょっと濁っている白い色が、ほんのり甘酒みたいね。
そして香りも甘酒みたいなの。麹っぽさがあるってゆーか。
でも飲むと香りから受ける印象より、全然甘くない!と同時に酸味も意外にある~。「淡麗甘口」って記載のわりには甘くないわよ~。
よーく味わうと日本酒らしい米が発酵した風味とか麹の風味もするんだけど、日本酒や甘酒とは全く別の飲み物と言えるわー
グラス
飲み始めこそ「こんなシャンパンやワインもあるなぁ」って飲み口ながらも、その後に広がるあの米ならではの香りは間違いなく日本酒。苦みも少々あるの。
泡はシュワシュワと細かくて、コレはシャンパンよりも控えめなくらいかしら~。飲んでると気にならないくらいの泡ね。
気になるおつまみですが、日本酒に合うモノはやっぱり合う!カブの葉&しらす炒めと食べたら、日本酒らしさの側面が強調されたっ。
ところがチーズと食べてみたら、一気に味がシャンパンみたいに感じられる~!!めっちゃ合うし、すごく不思議~。
ついでにスイーツと一緒に食べてみると、日本酒とシャンパンの中間みたいな味になる…つまり、何にでも合う万能選手なの


また、アタクシが気になっていた炭酸が抜けたらどうなるかってのも試してみました~
お猪口に注ぎ数時間冷蔵庫に放置してから飲んだら、フルーティーさや日本酒の本当の味が分かる的な??
やっぱり、正体は日本酒だったんだなぁと気付かされたわ。日本酒より酸味はキツイまんまだけど、本来のお米の味はよくしまっす
とは言え、アタクシはチーズをおつまみにグラスでシュワっと飲むのが一番好みカナ♪
お猪口
間違いなく言えるのは日本酒より酒っぽさを感じにくく、アルコール度数が低くないのにグビグビっと飲めてしまうってコト。
だから、同じ量の日本酒を飲むよりあっという間になくなってしまい一気に酔いやすいのよ~
ビールとかよりも、気付いたらかなり酔ってるって危険なパターンに陥りやすい為注意は必要ね。
シャンパンやスパークリングワインより安価に買えつつ、それらよりも和風なお味が新しいアタクシ、結構気に入ったわ~♪
大サイズもありますので、気になる人は試してみて~


あーおいしかった★


1枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
2~6枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/30 15:10 ] ツルヤ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1299-42ba7576