民家カフェ らおだお @軽井沢


民家カフェらおだおさんに来ました~
もうこのブログではすっかりお馴染み!御影用水沿いにある、民家カフェねぃ
入り口
今年春に訪れた時の記事はコチラ
既に2年で3回も記事にしておりますのでそんなに目新しい記載はないカモしれないけど、お許しを~


靴を脱ぎスリッパに履き替えさっそく店内へ入ると、まずはカウンターがお目見え。
ココは常連さんや、お店のお母さんや娘さんとのお話を楽しみたい人が座るコトが多いカナ。
1人で訪店すると半強制的にカウンターに座るよう案内されるお店も少なくないけれど、らおだおさんはそんなコトもないので安心してね。
カウンター
アタクシはカウンター大好き人間で、むしろカウンターに案内されたい派なのですが…
「1人だとカウンターに案内されるんじゃないか」って心配で、お店に1人で伺わないって人もいると聞きましたので。いちおーね♪
カウンター奥のキッチンではお母さんと娘さんのナイスコンビネーションで、手際良くランチが作られていきまーす!


前回撮り逃した、元お座敷的な空間がコチラ
カウンターのゾーンより1段高くなっており、夏は風通しが良くって涼しい席なのよー。
お座敷
らおだおさんと言えば、週替わりのランチが鉄板ほとんどのお客さんがランチを注文するのよね。
そのメニューが何なのかってのをお店に行く前に知っておけば、胃のコンディションを整えやすいトコロ
ってわけで、メニューが知りたい人は前回記事を書いた後にできたお店のFacebookを見てみて~!


今週は、以前掲載した「豚の天ぷら」があるとのコト
お母さんからは「豚の天ぷらが食べたくって、予約して来られるお客さんがいらっしゃるから」と聞きましたわ
Facebookはその他臨時休業も載っている為、行こう!って時は事前のチェックを是非~。
作品いろいろ
前回記事にした時には1卓のみ個室風だった空間は、再び2卓のテーブルが並ぶレイアウトに戻っていたの。
で、フリマコーナーがまた一段と充実服やカバンやお人形の中には、ここでしか出会えない作品もあるわよ。
この日もでっかいコンポのCDチェンジの音が、ガチャガチャとよく響く。同行者と共に、90年代を懐かしんだわ


御影用水は、もうすっかり殺風景このあたりは土日でも人が顕著に少なくなって、静かで落ち着く環境に。
用水の水面を、めっちゃ落ち葉が流れてく!際限なく流れる落ち葉を見つめていると、時間がどんどん過ぎていくし~。
景色
らおだおさんの営業は、今年も11月いっぱいまで。その後は3月末まで冬季休業に入られるの。
だけど春はピッタリ4月1日からの営業になるから、連休で賑わう前からゆっくりとごはんが楽しめちゃうわ
但し!今月25日は臨時休業だそうで!ご注意を~


そう言えば、テラス席が前回記事にした時と変わっていたわね。
前は切り株やベンチっぽい席だったのが、いわゆるテラス席らしいテラス席に変化している
テラス席
さすがにもう外でごはんを食べるのはムリでも良い季節には、ココは特等席よね~。
あと、ワンサンの陶器の置き物が増えているように感じたわ。なかなか大きなサイズのモノもあり、一瞬ホンモノかとビビった


お母さんが編まれたひざ掛けは、この季節には特に重宝!手作りならではの、丁寧に作られた質の良さってのがあるわー。
そしてひざ掛けの隣に写る木箱。コレは楊枝入れなんだけど、仕掛けがスゴイ~
同行者とつい夢中になってしまった、技ありな楊枝入れ。良かったらお店で現物をご覧くださいませ
ひざ掛け
さぁて。実はアタクシ、今年は全然らおだおさんに来ておらずこの日がまだ2回目!同行者の都合などがあり、こんな時期までズレ込んでしまったのー
前回訪店時に「またすぐ来ます」的なコトを言っていたアタクシとしてはホント申し訳なかったなぁと恐縮していたものの、お母さんと娘さんは変わらず明るくお優しい!
お2人のこのお人柄に惹かれて、いろんなお客さんが来るコトに再度納得のアタクシでした。


お母さんの日替わりランチ(ドリンク付) 1100(税込)
前菜
やっぱりボリュームがスゴイしかも画像左上の副菜のお皿なんて、前回記事にした時より品数が増えてないかい!?
ホカホカの状態で運ばれてくる副菜(サラダや漬物は除く。)は、手作りのお総菜ばかりでおいしいったらありゃしない
しょっぱ過ぎるわけではないものの、塩味ははっきりと。繊細な味は繊細なままに。メリハリが効いて全然食べ飽きないのだーっ。
ちょこっとずつこんなにいろいろ食べられるランチを家で作ろうと思ったら、我が家なら1週間同じ献立になるわ
ってわけで、少人数で暮らすアタクシにはウレシイ&有難い心に沁みるランチなのねぇ。


ちなみに、1枚前の画像の右下は同行者チョイスのこの日のメイン「カキフライ」でーす!
大きいカキはジューシーで旨みが詰まってる!添えられたタルタルソースも量がケチってなくて美味よ!
ピクルスも添えられているし、レモンもあるし、写ってないけど中濃ソースまであるからね。
食べる為の様々なコンディションが整ってるってのも、らおだおさんのすごく好きな点だわー
鮭
アタクシはこの画像の通り「厚切り鮭」をチョイス
らおだおさんのランチの選べるメインでは、この鮭が一番人気なんだとか~。
それもそのハズ!だってやっぱり、運ばれてきた瞬間に「厚っ!」と思ったもの
この鮭は北海道産で、お母さんも自信を持ってオススメできる品質だと以前に伺ったわよ。


口に入れればハラリと解れる鮭の身は、とにかくしっとり脂は載っていつつも、脂っこいのとは全然違う!
噛めば噛む程その肉汁や旨みが溢れてきて、当然ながらスーパーで安売りしている鮭との違いは明らかだわ。
フランス料理とかでないシンプルな調理の鮭がこんなにおいしいと思ったのは、人生でもそうない経験カモ。
肉厚!
確かに骨は多いけれど、骨からも良い味が出ちゃっててね皮もジューシーでめっちゃおいしーい!
素材の良さが全面に出ており、かつ余計な手は加えられていないんだけれど焼き加減などはバッチリといった絶妙なバランス。
お母さんの調理センスが光る、食べて納得のクオリティね。
そうそう。超脇役とは言え、お皿の端っこにあるお漬け物もボリボリ食感+ザーサイのような味付けでごはんが進んだわ。地味にツボ!


ドリンクは同行者はアイスコーヒー、アタクシは抹茶オレをチョイス。
どちらもトッピングに、それぞれのドリンクのクラッシュドアイスが載っていてね。味をボヤけさせないのに一役買っていまーす!
ドリンク
食後に飲む量としては十分たっぷりだし、ドリンクが出てきたからと言って早く買える必要は全然ナシ
ゆーーっくりと、口の中をリフレッシュしてから帰って大丈夫よ。
ドリンクは他にホットのコーヒー・紅茶・ハーブティーはもちろん、ラ・フランスジュースやキャロットジュースなどジュース類がたくさん
デザート感覚でジュースチョイスってのも、アリだと思いまーす


うん、さすが!いろいろさすが
寒くない季節に別荘に長期滞在する人や、地元の人が仕事の合間にお昼を食べに来るって利用の仕方が多いのもよく分かるでしょ
なので、狙い目は土曜や祝日よん♪アタクシ達が伺ったこの日も土曜だったから、1時間以上貸し切り状態でごはんが食べられたわー。
お庭
今年らおだおさんをブログにするのは最後。同行者の訪店も最後ねん。が、アタクシはできればもう1回は1人で伺いたい
普段自分でごはんを作って食べている身としては、「誰かに作ってもらった家庭的なごはん」ってのがたまらなく特別なのですっ。
そんな意味では、主婦の皆さんにもオススメー。レストランとは違う、ホッとするお味とラインナップのランチよ


あーおいしかった★



民家カフェ らおだお
長野県北佐久郡軽井沢町追分48-4
080-6995-8402
11:00~17:00
日・月曜日(冬季12~3月は休業)
店内は他の来店者の迷惑にならなければ可(要相談)・店外喫煙可
温便座有り・ウォシュレット無し・清潔感有り


1~6、12枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
7~11枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/13 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1287-f23f92cb