丸山珈琲 軽井沢本店 @軽井沢


丸山珈琲軽井沢本店さんに来ました~
ますます拡大路線の丸山珈琲さんの始まりの地はココなのよ~
外観
以前冬に訪店した時の記事はコチラ
その他、小諸店ハルニレテラス店の記事もよろしければ


場所は国道18号線からなら「南ヶ丘入り口」の信号を曲がって、高架をぐるっと!国道18号と新幹線&しなの鉄道の線路を越えるわ。
高架の坂を下り切ってすぐのトコロを右折すると、お店がいきなり現れまーす。
もちろん国道18号線バイパス方面からも来れますわよん
駐車場
駐車場はブログロゴの上にある坂を上ったあたり(モザイクがかかっているのが車ね。)と、ブログロゴ左の2ヶ所。計11台駐車可だとか。
が、お店に近い上段の駐車場は、結構難易度が高い!!前も横も狭い上、縁石もなく木や葉っぱが飛び出てるし~
ところが下段は幅も前後も広々~都会からお越しの高級車の方々は、下段の方が車体が安全かと思われまっす。


お店の中に入る前に、入り口横にある窓口をチェーックココは、コーヒー豆やグッズなどの販売ゾーンなのよ。
この日も開店と同時に、豆だけを買いに来る人の多いコト
その見た目などからして、飲食店関係の方々の利用が多いようね。
入り口
とは言え、もちろんフツーに個人のお客さんも利用して大丈夫。
他の丸山珈琲さんとは雰囲気が違うからちょっと躊躇したりするカモしれないけど、門戸は開かれている
ただ人員やお店の構造を考慮すると、ニワカと自認する人はハルニレテラス店に行った方が間違いないカモとも思うわ。


その売り場がコチラ!豆やグッズは一通り揃っており、品揃えに関しては遜色がないの
でもこの写真を撮った時に、このゾーンに店員さんはいらっしゃらなかったのね。
そうすると豆のコトなど相談をしたい場合は、カフェゾーンまで行って声を掛けなければいけないコトに…ちょっと面倒…
売り場
しかも他店では予め試飲が用意され気軽に試せるけれど、コチラにはその試飲も見当たらず
ってわけで、他店とはコンセプトが違うからコレはコレでアリ!だけど他店と同じ勝手で伺うと、ちょっと違うわよんってコトで~。
また、以前はカフェゾーンで販売されていたコーヒー豆はコチラに集約
店内から行くコトができるので、カフェを利用しつつ豆をお土産に買って帰りたい人はコチラまで出向いてね。


あと全然気付かなかったのが、外に席があったってコト~
画像向かって左の延長線上が、2つ上の画像にあたりまっす。
それから、この手前に日除けのないテラス席もあったの。そこはテーブルもだいぶ小さく、だいぶ簡素だったわね
外の席
テラス席ではワンサンがOK。店内の客席からはだいぶ遠い位置にあるから、ワンサンもリラックスできるカモ!?
これからの季節は紅葉がキレイでしょうね!でも落ち葉も多いでしょうね
奥に見える建物が、オーナーである丸山さんのご親族がされているとゆー工房や陶芸教室かしらん


ようやく店内へ…って、あれやっぱりー!!
今年の年始くらいからなんだそうなんだけど、靴を脱いで上がるスタイルだったのが、靴を脱がずにそのまま入店するスタイルに変わってるー!!
何だかさみしいような気もしつつも、冬にブーツで気軽に行けるようになったのはウレシイ限り!一長一短ね。
玄関
トイレもリフォームが行われたようで、清潔感がアップアップ!トイレ自体も新しくなったっぽいわ。
トイレの数も増え、より快適にコーヒーブレイクできる環境が整ったわよ。
あ、玄関を入って右に行くと前出の豆&グッズ売り場に繋がってますっ。カフェを利用の人は左へ~


カフェは、丸山珈琲さんの他店舗とは違ってかつてのペンションらしさがふんだんに残る雰囲気なの。クラシックが流れている点も、他店舗とは違うわね。
流れてる音楽がクラシックってのが、「カフェ」とゆーより「喫茶店」チックと言いますか。
この新しくない建物に合っていて、アタクシの親世代の世界にタイムスリップした気分になれるような気がするわ!
店内
席同士は近接しているにも拘わらず、そのレイアウトのおかげで他のお客さんがあまり近くに感じられないのもスゴーイ!
さすがに円卓だけは、ちょいと落ち着かない感もあるみたいだけどねぃ
それから大きな他店よりは、話し声は響きやすいカナ。絶対に静かに過ごしたい人は、イヤホンで音楽を聴けるよう準備していくのも手かと。


おひとり様にオススメの、スッペシャルな席は絶対にココ!
1枚前の画像の上の画像はこの席から撮っており、下の画像で言えばストーブの裏に隠れてる席ね。
この席は窓・壁・ストーブに囲まれていて本当に落ち着くのおまけに冬は、ストーブの横だからあったかいし~♪
オススメ席
お庭も良く見えるし、空いていたら是非ともお勧めしたい席よー。本もたくさんあって、読書も捗るコト間違いナシ!!
さて、荷物カゴもひざ掛けもあるのはさすが丸山珈琲さん。ひざ掛けが席にない場合も、店員さんに言えば持ってきてもらえるわ。
いつの間にか、フレッツスポットにもなってる模様ね。アタクシのスマホがウンティな為、繋がらなかったけど…


インドネシア・ワハナ・深煎り 741(税込)
コーヒー
深煎りながらも香ばし過ぎないから、一緒に注文したタルトのフルーツの酸味にもフィリングの甘さにも合う。と店員さんに伺いコレをチョイス
『ダークチョコレート・ローストアーモンド・スパイスの風味。バターを思わせる質感と長い余韻。』と、メニューの記載より。
香りはチョコのようねそしてメニューにある通り、飲めばアーモンドっぽいナッツのような風味!
確かに、深煎りの中ではサラリと軽い印象を受けるわー
でもでもタルトの酸味から甘みまで、瑞々しさから濃いぃさまで。全てを守り切る守備範囲の広さに驚きコーヒーとタルトが、マジ調和してる~。
余韻がバターを思わせるってのも納得なのに意外にもキレは良いのよね。が、鼻から抜ける香りはすごく華やかで…最終的にリッチな気分に~♪
ミルクを入れると苦味が目立ち、深煎り感がアップするのにもビックリ!今までに飲んだことのないタイプの深煎りだったわ。


季節のフルーツタルト 650(税込)
タルト
フルーツは日替わりで、アタクシが伺った前の日はいちじくだったとか。製作はもちろんラ・テイエさんよ!
いちごにはかなりの酸味。身も締まってて秋っぽいいちごだわね。いちごそのままだと、相当酸っぱい
そのいちごの下には、ラ・テイエさんクオリティの生クリームと濃厚カスタードが~。
カスタードが卵感しっかり、かつちょっと硬め仕様の激ウマでね…さすが!!安心の安定感!!
タルト台はパイから遠からずで、バター感も強くパラリと解けるようなの。サクッとした食感ね
それらをいっぺんに食べれば、全てが合わさってハーモニーとなり…
やっぱりおいしい!バランスがすごくいい!さすがラ・テイエさん!!!もちろん、コーヒーにもとてもよく合っていたわー


店員さんの接客が良いってのは、この本店でも同じ。
どこの丸山珈琲さんに行ってもアタクシのコーヒーの相談を快く聞いてくださる店員さん達は、きっと相当なお勉強もされているのでしょうね。
しつこいようですが、丸山珈琲さんに伺ったらなんとなくコーヒーを頼んじゃ損ですよ
コーヒーが全く分からない人でも、店員さんに相談して注文を決めるコトを強く勧めるわ。
窓
この日も遠くから訪れる人が多い本店は、他店しか利用しない人にも一度は訪れて欲しい唯一無二の存在よー。
他店よりもお客さんの年齢層がちょっと高めなのも、昭和後期っぽさが出ていてgood
隠れ家的な雰囲気なのに、冬季休業がないってのもナイスよねん。
小諸店ではラ・テイエさんのケーキは提供されていない為、アタクシ的にはあえて行く価値大アリ。また行きまっす



あーおいしかった★



丸山珈琲 軽井沢本店
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1154-10
0267-42-7655
10:00~18:00
火曜日(8月は無休)
完全禁煙
温便座有り・ウォシュレット有り・清潔感とても有り


1~8、11枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9、10枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/04 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1258-0e8a4d10