ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢ロータリー @軽井沢 その2


昨日の続きベーカリー&レストランSAWAMURA 旧軽井沢さんのベーカリーエリアを紹介するわ~。
レストランエリアとベーカリーエリアが分かれているコトは昨日もお伝えしたけど、入り口は共通。
基本このドアからお店に入りまーす
外観
この画像に写るお店の前の席は、木々と建物が作り出す影とこぼれ落ちる日光のバランスがステキ~。
アタクシは日焼けを気にする為ココに座るコトはありませんが、他の人々が座っている姿はとっても画になっていて好きな光景の1つだわ。
真ん前の道を通る人もかなりいるとは言え、木々が目隠しになっていてそんなに視線は気にならなそうよ。この場所は、ワンサンがOKですっ。


入り口を入ると、広々とした大きなカウンターがドーン
カウンターの中の商品はセルフでなく、店員さんに頼んで取ってもらうスタイル。
イートインの場合も、会計後にカウンターで受け取るフードコートのようなスタイルなの。
カウンター
レストランは時間ごとに提供メニューが違ったりする一方、ベーカリーでは開店から閉店まで品切れでない限り、通しでオリジナルメニューを注文できるの。
パニーニやホットドッグみたいな、カウンターの中で調理してもらうメニューがそれに当たるわね。
いくら調理してもらうメニューと言っても、それらをレストランエリアの中で食べるコトはできないわよ


ベーカリーエリアで扱う商品は、パンはもちろんのコト生ケーキにサンドイッチに、クッキー、ラスク、パイ、パウンドケーキにオリジナルドリンクまで~
中軽井沢ハルニレテラスよりもだいぶ種類が豊富かつパンの焼き上げ数やお菓子の在庫数も多く、ゆっくり訪店しても売り切れが少なそうだわぁ。
開店直後でもかなりの種類のパンが揃っているものの、最も種類が揃うのは11~12時と伺ったわよ
パンなど
先に会計をしておいて後で取りに来るとゆー、店頭に出向いてのパンの取り置きもOKなの
徒歩で旧軽あたりをうろつく時は少しでも荷物が少ない方がいいけど、遅い時間だと売り切れてそうで心配…って人は、是非ご利用を~。
アタクシは、せっかくなのでイートインしていきますわよ。1枚前の画像の奥に見える階段を上って2階へ~。


コチラがベーカリーエリアのイートイン。本がたくさんあって、ブックカフェっぽい落ち着く造りなのねぇ。
どんな本があるかとゆーと、子供向け絵本や動物の写真集やナショジェオなど。星野道夫さんや、岩合光昭さんの猫チャン写真集が気になるわ
コチラにもひざ掛けや荷物カゴはしっかりあるわよー。
イートイン
昨日記したレストランの華のあるお姉さん店員さんによると、ティータイムは空いていて狙い目なんだとか!
1階のスイーツとコーヒーor紅茶で1000強くらいですものね本も読めるし、カフェ使いもいいカモねん。
ただね、階段以外に2階に上がる手段がないのよ。だから足腰の悪い人が一緒の時などは、1階の席が空いているかどうかを先にチェックした方が良さ気ね。


上の画像の向かって右に写る白い建物の中が1枚前の画像なんだけど、その外にも席が設けられているの。
コチラもワンサンOKみたい!そしてその奥の通路に出て向かって右を見たあたりが、下の画像よ。コチラもベーカリーエリアに該当するわ。
(下の画像の通路席の眼下には、レストランエリアのテラス席がありまっす。)
ですが、雨が降るとこれらの席は使用不可に。結果として、1枚前の画像のエリアが混み合っちゃうのよね。コレは意外な落とし穴~。
外の席
しかもアタクシが伺った日は、いちゃつくカップルやら靴を脱いで脚を広げ気味で座っているオバサマやら、寝かかってる男子大学生など、
軽井沢ではあまり見かけたコトのない皆さんが…カップルはペットボトル飲料を持ち込んでいたし、その光景は大学近くのマッ●のよう…
これだけブログを長く続けていても、ここまでこうした方々が集まった場面に出くわしたコトがなかったので
伺うなら晴れて外の席が使える日か、ティータイムがいいカナ…とか思ってしまった!


ホットドッグ 680
ホットドッグ
注文後に拵えるスタイルなので、7分程待つとゆー掲示があるわー。確かに、空き空きのこの日でも7分くらい待った~。
ケチャップとマスタードは1階のカウンター横でね。2階にはないから注意して
パンはSAWAMURAさん特製ドッグパンだとか。軽くてふんわりしつつもみっちりしていて、コッペパンとミルクフランスの外側的なパンの中間っぽい食感カナ
味はあまり主張がなく、ホットドッグに向いているとゆーのも納得
挟まってるのは、玉ねぎ・ピクルス・ソーセージ玉ねぎの辛さが全くなくてピクルスの酸味も抑えめなので、旨味を味わえるし食べやすいわね。
ソーセージ軽井沢デリカテッセンさんのチューリンガー使用なんだそう。外はパリッと。中はジューシーで脂っぽさもそれなりにあり肉肉しいわ。
でもトータルではバランスが良く、ホットドッグにしては結構サッパリめに仕上がってるー!
見た目よりお腹も膨れるけれど、具沢山の為食べ歩きには向かないのが唯一の難点カナ


GFFアップル&ジンジャー 450
アップル&ジンジャー
GFFとは、「Golden Fruits Forever」の頭文字おそらくSAWAMURAさんの系列で扱っているオリジナルブランドなのかしら??
コレは「厳選した生姜とはちみつを果汁と合わせて2倍濃縮」した液体で、同ブランドでは他にジャムなんかも扱っているみたいね。
メニューではその液体のソーダ割しか書かれてなかったんだけど、同料金でお湯割りもできるとのコトなので。お湯割りをお願いしたわ。
生姜&レモンや生姜&ベリー系もある中、アタクシは原価が一番高いっぽいりんごをチョイス
カップは簡易ですが、逆に言えば気軽に持ち帰りができるわぁドリンクのサイズは、スタバで言ったらグランデより一回り小さいくらいね。
お味は、ジンジャーがピリッとはするもののそんなに強くはなく。りんごも思ったより存在感がないカナ??
でもこれは割り方の問題カモ。ちょっと全体に薄めだったような気がしなくもないわ原液を飲んでみないと、はっきりしたコトが言えないなぁ…
名前から受ける印象のわりには、マイルドだったってコトはお伝えしておくわ!


さ、アタクシあとは持ち帰りし、自宅で楽しみますわよん♪
中軽井沢ハルニレテラスと被っているパンが多く、昔っから販売され続けているパンも多いので
今回は、アタクシにとって新鮮かつパンに止まらないラインナップをチョイスしてみましたっ。
階段
あ、ココが1階のパン売り場から2階のイートインへと続く階段ね。
通路なだけに立ち止まれないのが残念!見ていてとっても楽しいのに~
お買い上げレシートを駐車場の誘導員さんに見せ、車を出庫。帰宅しまーす!(厳密には徒歩で伺った日に買ったモノもありますが…)


いちぢくの紅茶煮タルト 480
タルト
いきなりパンではなくタルトの紹介!生地はフツーのタルト台。サクッとバターっぽさもあるので、完全にスイーツよ。
上部で輝くのは、ヌガーのようにねっとり&プチプチ感しっかりのいちじくの紅茶煮層。
いちじくは厚いトルコ産白いちじくを使用ってコトで、かなりでっかく甘さが詰まったドライフルーツタイプなの。
紅茶でじっくり煮詰めているだけに、紅茶の風味がちゃんと漂っていちじくが芳醇に
いちじく特有のクセも消えて、紅茶ととても合っているわね。何故か甘茶のような味に感じられる側面も持ち合わせてるわー!
アーモンドフィリングには紅茶の葉っぱが!だからここもしっかりリアルな紅茶味
食材に既視感があっても、その組み合わせや調理方法で初めて食べる味を作り出してるって印象新しくておいしいわ!
甘さはそれなりにあっても、酸味もあるから重くはないカナ。当然、紅茶が鬼合うっ!!


セサミ・チーズデニッシュ 220
チーズセサミ
薄い!とことんパリパリ感にこだわったパンよ。
まずはクロワッサン生地がパリパリ。黒ごまがこれでもか!っとパイにびっちり織り込まれており、深い風味が加わってるわ。
そして上にもパリパリのエダムチーズ!焼いたチーズならではの香ばしさがありつつ、しっかりしょっぱい!
でもクセがないチーズなのね。とっても食べやすいのよ
食感が良くって、どちらかとゆーとおつまみ感覚かしら。白ワインが間違いなく合う!!


フロランタン 480
アーモンド
SAWAMURAさんオリジナルラスクシリーズより。なんと無添加ではないですか1つ1つが1.5口サイズなのは、アーモンドの下がバゲットだからなのねぇ。
なので土台はガリガリあくまでパンを使ったラスク的フロランタン。ってわけで、お年寄りには厳しいかと。
上にはキャラメリゼされたアーモンドがたっぷり!生クリームなどがちゃんと使われていて、すごくリッチなのよー。
でもアーモンドそのものの味もちゃんと分かるから、めちゃめちゃおいしーいかなりの回数噛むコトにもなり、1つでも結構満たされた気持ちになれるわ。
個々のサイズが小さくていっぱい入ってるし、ちょっとだけのお茶請けにピッタリ
何度も楽しめるし食べ過ぎずに済むし、おもてなしにもピッタリ
スリムなパッケージだし乾燥剤も入っているし、お土産にもピッタリアタクシの購入したモノは、賞味期限は25日後くらいだったわよ。
ホンモノのフロランタンより油っこくないトコロも気に入った
コーヒー・紅茶・ルイボスティー…何でも合う、ありそうでなかったフロランタンよん


この場所は、アタクシが知った頃には既に大きな有料駐車場だったの。
けれどその更にかなり前には夏だけ営業する、スーパーの紀ノ国屋があったんですってー。(バブルとか??そのくらい??)
紀ノ国屋時代を知る方の中にはその頃のような活気が同じ場所に戻り、感慨深げな気持ちになっている方もいらっしゃるとか。
建物の奥には遊歩道も整備されており庭や川も楽しめるので、昔の軽井沢を懐かしむってのもまたアリかと。
プロムナード
アタクシのような新参者にとっては、アウトレットともまた違う、軽井沢にちょっと今までになかったタイプのお店に感じられるわ~
まぁ、軽井沢価格であるコトは否定できないけど、クオリティとしては見合ってるんじゃないカナぁ。
昨日掲載したランチは価格以上の価値があると思ったし、運が良ければお得だと思えるパンやお料理に出会えるカモねん。
シルバーウィークも終わったから、アタクシは今までよりも通う頻度が増えそう
秘かにラスクシリーズを制したいと企んでいるのでした~っ


あーおいしかった★



ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢ロータリー(Bakery&Restaurant SAWAMURA)
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢12-18
0267-41-3777
7:00~21:00
無休
全面禁煙(店外に喫煙所有り)
温便座有り・ウォシュレット有り・清潔感とても有り


1~5、8、12枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
6、7枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
9~11枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/27 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1253-a29232d8