ごはんや ハレノヒ。 池田農園トマトソース料理教室 @佐久


今週&来週は、アタクシ勝手に料理教室祭りまずは「万能トマトソース料理教室」に参加してきました~♪
開催場所はもちろんごはんやハレノヒ。さん。待ちに待っていたのですよー
ひまわり
アタクシが参加したのは8月31日だったけど、ちょうどこのブログがアップされた今も2回目の教室が開催中のハズ。
とりあえず2回だけの開催予定ってコトで、今後の開催は未定。
何よりもトマトの収穫具合に左右される為、またやる!とももうやらない!とも言えないみたいなのですねぇ


この教室の主役は、当然トマト~
このあたりでは有名な池田農園さんの、有機トマトを使うのだーっ!
池田農園さんの野菜は個人宅配で購入できる他ハレノヒ。さんでも一部買える場合があるし
以前記事にした通りcafe風香さんではランチメニューにも使われているわよ。
トマト
画像手前に写るのは、まだまだ日本ではメジャーではない加熱用の品種のトマト。イタリアなどでメジャーなカンジね。
フツーに生活してるとなかなか大量に買うコトのできないこの加熱用のトマトを使うってコトで、アタクシ参加を決めたのですぅ。
そして奥に写るのは、ミニトマトと日本で生食されるような品種のトマト。
これらを混ぜてトマトソースを作るコトによって、ソースにコクが出るんだとか~


この日も、参加者でカットカットアタクシ、この教室では調理工程に参加するコトなど全く想定していなかった
が、ちゃーんと炒める係を担当致しましたわよ!ヘラが短くて熱かったけど、しっかりこなしたわ!!
カット
玉ねぎの切り方には、ちょっとだけポイントがアリ。
シンプルなレシピとは言え、こういった細かいコツをしっかり守っていくのが大切なのだぁ。
ちなみに、にんにくと玉ねぎはハレノヒ。さん店主岩崎さんのお父さん製。近くで採れた野菜を使えるなんて、ウレシイ限りよね


作り方はわりとフツーで、変わった材料を使ったり特段ビックリな手順があるわけではないの。
でも、やっぱり加熱用のトマトは日本でポピュラーなトマトより水分が少ないー
が通ってくると、その差が顕著になるわ。そんなわけで煮込み時間は、普段より短くて済むみたいね。
手順
また、長時間煮込む前にバジルなどスパイスを入れてしまうスタイルは楽チン♪
出来上がった後にバジルって、たまに忘れちゃったりしません
このバジルもハレノヒ。さんの店先で栽培されたモノってコトで…どれだけ有難い材料だらけなのか~と思うわ。


トマトソースを煮込んでいる間には、岩崎さんが予め作っておいてくださったジンジャートマトゼリーでティータイム♪
この日頂いたレシピに、その作り方が記載されてましたっ!
お味は…あまり生姜が感じられなかったけど甘さ控えめでサッパリと、夏に大人が食べたくなるような仕上がり。
ムリに甘くしてないトコロが、市販されてるトマトゼリーとは違うなぁと感じたわ
ゼリー
ティータイム中は、岩崎さんや他の参加者の方とお話をしながらお茶とゼリーを満喫。
こうして待ち時間が長くある料理教室が実はアタクシ初めてだったので、待ち時間におやつが出ると何だか得した気分
いろんな生き方をしている皆さんのお話も聞けて、とても有意義に過ごせたわよ。
そして、いいカンジにトマトソースが煮詰まってきました~


このとろーり具合は、普段手に入りやすいトマトではなかなか実現できないー!
フツーにそこらへんでトマトを買って時間をかけて煮詰めても、こうはならないわぁってとろみなのよね。
岩崎さん曰く「加熱用のトマトにはペクチンが多く含まれているのでは!?」とのコト
潰す
あぁ、それなら納得もちろん砂糖や小麦粉などは入っていないし、いい意味で家庭的でないと言いますか。
見た目がレストランのような、本格的なソースなのー
煮詰まったらまだ残るトマトの粒を潰すようにマッシャーを押し付けると、なおのコト良いそうよ。
今回はいろんなレシピに使えるよう、このくらいの煮詰め具合でパッケージド。持ち帰り~


ジップロックの袋Mサイズがだいたいいっぱいになるくらいの、約750gのトマトソースがお土産になったわ!
パスタなんかに当然合うのは分かるとは言え、アタクシはせっかくなのでそのまま食べるコトに。
そのお味は、やっぱり違う!!あれだけシンプルな材料だしダシ系材料も入っていないのに、旨みがハンパないの
トマトの味が濃ゆいってゆーか、余計な水分や薄まってる感がないのよね
持ち帰り
もうちょい塩を足して、そのままスープとして飲める程リッチ!
バジルも煮込んだのが逆にgood味が浮いていなくていい具合に調和&アシストをしていてくれてるのー。
おかげで、しばらくはもう自分でなんとなしなトマトソースを作る気が起きなくなっちゃった
毎日ちょっとずつ、そのままスープ的に食べようっと間違っても味の違いが分からない者には食べさせない


今回ジップロックで持ち帰ったのは、なるべく空気に触れないようにして保存をする為
ビンなどは一般家庭では密封できないから、むしろこうした密閉袋に入れて使わなければすぐに冷凍して欲しいとゆー思いがあるそうよ。
そう言えば、アタクシはこの日池田農園さんの方がいらっしゃると思い込んでいたのですが、いらっしゃらなかったー
トマトの品種についてとか、訊いてみたかったからちょっと残念
赤!
今後は、せっかくだから生産者の方のお話も交えながらハレノヒ。さんのレシピを教われる機会があるといいなー!
都会出身の人間にとって、こんなに丁寧に作られた新鮮野菜やその生産者さんと触れ合える機会ってほとんど無いからねぇ
とにかく改めて、食材を作ってくださる皆さんに感謝それらをおいしく調理してくださる皆さんに感謝
夏の恵みを存分に受け、食べるコトの有難みについて再度考える良い機会になった料理教室でしたー。
来週は夕方料理教室に出没する予定でっす。一緒になりそうな方、よろしくお願いします~


あーおいしかった★



玄米菜食ごはんや ハレノヒ。
長野県佐久市岩村田2329-1
0267-78-3155
9:00~18:00(L.O 17:00)
日曜日(料理教室開催週は土曜日休の場合もある為要確認)
全面禁煙
温便座有り・ウォシュレット有り・清潔感かなり有り(なんだ館のトイレを利用)


ALL:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/03 15:10 ] イベント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1236-cc797f98