カナダ産メープルウォーター @ツルヤ


ル・パステさんのフレッシュミント・ジンジャーエールは、
自家製ジンジャーシロップと無農薬自家栽培ミントを使った辛めの大人仕様!
ノンアルコールカクテルと言っても過言ではない、スッキリサッパリパッキリしたお味がいいわ~
ジンジャーエール
この日はティータイムに伺ったんだけど、ル・パステさんは盛況だったぁ
アタクシはちょうど元気がない時だったので、紅茶パフェとこのジンジャーエールで元気を取り戻せたのよね
いい雰囲気のお店でおいしいモノと共にゆっくり流れる時間を過ごすのって、とっても大事だなぁと思ったこの頃でっす。


セバ・メープルウオーター 399
メープルウォーター
ちょっとは混雑が収まったかいと思い、軽井沢のツルヤへ~。混雑は、まだまだ収まっていなかった
が、軽井沢店ならではの品揃えの充実っぷりはやっぱり断トツ!!
今回は新商品にチャレンジよ!!久々の輸入食品編っす


原料など
メープルの本場、カナダからの商品よー。
原料など
で、メープルウォーターとは何かと言いますと『雪解け時期にほんの数週間、樹木(カエデ)から自然に流れ出る澄んだ透明な液体』。
つまり樹液のコトで『それをひたすら煮つめて水分を飛ばしたものがメープルシロップ、樹液40ℓからできるメープルシロップはたった1ℓにすぎません。』だそう
(ケベック・メープル製品生産者協会 https://www.pure-maple.com/about/7_index_detail.php より引用。)
あんまり好きじゃない言い方ですが、「ココナッツウォーターの次はコレ!」的に取り上げられてるんだとか


このSEVAブランドは前出のメープル製品生産者協会(FPAQ)が2013年に創設した認証制度NAPSIに認証されており…
樹液の採取、シュガーブッシュから工場までの輸送、工場での殺菌・製造の3つの段階において、厳格な基準を満たしているとのコト。
詳細は、引用&参考にした↑のサイトを見てねん印象としては、これから盛り上げていこう!って気合いが感じられるわー。
フタ
パッケージには、ノーガードの樹脂製フタを開けると薄いアルミのフタがアリ
薄いアルミのフタはガッツリくっついているけれど、引っ張ればフツーに取れて不便さは感じないの。
コップに注いでみると、サラサラでフツーに水触ってもベタベタしないし、香りも超うっすらでメープルシロップとは違うわねぇ。


飲んでみると、第一印象は薄い砂糖水みたいな。甘さはかなーり少ないものの、糖固有の風味??みたいのは感じるのよ。
メープルシロップ感は全然なくて、ココナッツウォーターよりも原料の特徴が薄いと思うー
調べてみれば一般的にメープルウォーターの糖度は1.9~3%。ココナッツウォーターより糖度が低いので、これだけクセがないのは当然かぁ。
注ぐ
飲んでいるうちに徐々にメープルウォーターの繊細さが分かるようになってきて、
飲み終わってしばらくしてから訪れる後味は、なんと不思議と微かなメープルシロップ風味!!あの豊かな風味が少しだけ口に残るの~!!
糖の風味さえ気にならなければ、ゴクゴクと飲めるわココナッツウォーターより薄くて、食事にも合わせやすいってカンジね。


メープルシロップの風味を楽しみたいと思っているのなら、それは期待外れに終わるかと
あくまでカエデの持つ栄養素を頂き~って意味合いの方が強い飲み物よ。
カナダやアメリカだけでなく、日本でも定着するカナもう少しインパクトがあった方が流行るカナ
サラサラ
応用としてはメープルシロップを入れても差し支えないような料理や飲み物に、水の代わりとして使うのが良さそう!
アタクシもそのまま飲むより、コーヒーを淹れたりパンケーキを作ったりする時に使ってみようっと。
今のトコロツルヤ全店で扱いがあるわけではないっぽいけれど、一度は試してもいいカモねん
正直、アタクシは別にリピまでしようとは思わないカナ。でも、有難さは十分感じましたっ


あーおいしかった★


1枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
2~6枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/02 15:10 ] ツルヤ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1235-e9994ce9