FC2ブログ









甘味処 里 @軽井沢


甘味処さんに来ました~
オープンから10年以上経つ、軽井沢駅から徒歩圏内の甘味処ねぃ。前回記事はコチラ
入り口
定休日や営業時間が分からなかったので、それを訊く為に一度訪問
そして、後日改めて甘味を味わいに訪店した次第でございまーす。


場所は軽井沢駅前郵便局の隣!郵便局と中で行き来こそできないものの、繋がってる同じ建物なのですよん。
軽井沢駅北口から徒歩2分程度で着くし、さすがに迷う人はいないでしょう
外観
モザイクのかかってるあたりが、郵便局の駐車場なのだけど…
さんが郵便局に建物を貸してらっしゃるってコトで、土地の持ち主は一緒なのよね
ってわけで、さん利用者もひょっとしたら郵便局の駐車場に停めていいのかしら~
アタクシは不安だったから、矢ヶ崎公園に停めて歩いてきたわよ。矢ヶ崎公園からも徒歩1分の好立地でございまーす。


お店に入ると、おかみさんが笑顔で迎えてくださるわ。
割烹着がお似合いのおかみさんは、お話好きで物腰柔らかながらも、様々なコトに持論がある知的なお方
アタクシのような若輩者にも、軽井沢の自然などについて教えてくださいましたっ。
カウンター
ひざ掛け&荷物カゴはなくWi-Fiも全くないけれどさんはそういった環境を期待するとゆーよりは
余裕を持ってひたすらゆったりと過ごすコトが似合っているお店と言いますか。
ここだけ駅前の人通りの多い場所から離れた空間みたいで、ゆっくりと時間が流れているような気がするー


とは言え、やはりハイシーズンは満席になるコトも少なくないそう
全ておかみさんがお1人で調理をされる為、待ち時間が長くなるコトもあるんですってー。
店内
待ち時間が長くなりそうな時は入店時に伝えてもらえるので、新幹線の時間が決まっている人などはその旨をおかみさんに伝えてみて。
ある程度フレキシブルに対応してくださるみたいよ。
なおハイシーズン時のカウンターは、常連さんが勝手にイスを並べて自主的に座っていらっしゃるとかその様子も見てみたい


向かいに竹風堂さんができておこわを通年で販売するようになってからは、以前にあった日曜のみ販売の花豆赤飯は止められてしまったとのコト。
少しさみしいお話だけれど、お店の窓を覆わんとする花豆の木は健在!
遂に写真ではないホンモノの花豆の花を見られて、アタクシウレシーイ♪
景色
この窓の前は、郵便局に用事のある人がたくさん通るの
でも意外にこの窓の中を見てくる人はほぼおらず、視線が気にならずに過ごせるのにビックリ!!
特に郵便局で用事を済ませた人はちょっとホッとしてしまっている人が多いのか、現金やら通帳がこちらから丸見えだったりする
こうした方々を見て、日本の治安の良さを噛み締めると共に自らに照らし合わせて不用心さを省みるってのも斬新な過ごし方カモ


店内の至るトコロにある花々は、お店の周りで育てているお花がほとんど。
どの花も美しい上に、花器との組み合わせもステキおかみさんのセンスを感じるわよ。
花
さんの客層は、ハイシーズン以外は地元の人が多いそう
この日もかなり年配の女性がお1人でいらしているのを見て、軽井沢に住む方々の憩いの場になっているんだなぁと実感。
ハイシーズンは前を通りかかって入ってくる人々の他に、別荘を持つ人達も多く訪れるよう。
ネットも含めた各メディアでの情報収集がほぼできないさんは、こんなメジャーな場所にありながら知る人ぞ知るお店と言えるわね


抹茶クリームあんみつ 700
あんみつ
「白玉が入ってる抹茶系甘味はありますか??」的質問をしたら本当は入らないハズの白玉を、このあんみつにサービスで入れてくださいましたー
おかみさんのお心遣いに感謝しながらも、プラス料金を払っていないのでとても恐縮
そんなつもりはなかったんだけど結果的に申し訳ないなぁと思いつつ、せっかくだから思いっきり味わうコトにさせて頂きました。
その白玉は大きくて、もちもちむにゅむにゅ噛み応えがアリ
シロップにもどの具材にも負けない、とっても満足感のある白玉だわ。


シロップはグラニュー糖と水+桃缶のシロップも入ったサラリテクスチャー。
なんと桃缶は国産桃の缶詰なんですって珍しい!!安心で有難い~♪
黒蜜希望の人は黒蜜でも対応OKみたいだけど、桜の入った寒天を引き立たせる為このサラリとしたシロップにしていると伺ったわ。
抹茶あんみつでなければ、みかん缶のシロップも入れて爽やかな酸味も感じられるように調味しているそうよ
アップで
フルーツは季節で変わるのでご参考までにねぃ。この中ではバナナが大きくて甘くて、安っぽくないな!ってのはすぐ分かったわよ。
あんこも手作りで、甘さ控えめかつ小豆の粒の残り具合が何ともお上品もっと食べたいと思える、すんごく食べやすいあんこなの。
そして降りかかってる抹茶もお稽古用よりワンランク上で、フツーこういった甘味には使わないレベルのモノなんだとか。
シンプルながらも材料にこだわっている分、とてもリアルな味がするあんみつはちょっと他店とは違って、和風マチェドニア的とも言えるカモ!?
おかみさんは小諸のみつばちさんで修行されたとのコトで、早く本家にも行かなくては…と焦るアタクシよ


7、8月のみのかき氷はスタンダードないちごやメロンのシロップに加え、自家製シロップを使うあんずやブルーベリーのかき氷もあるんだそうで!
コレはかき氷の穴場スポットね
軽井沢のかき氷はもう攻め切ったわーって人は、さんで新たな挑戦をされてはいかがでしょか
郵便局
他に要予約+7~9月のみ提供の、和朝食もアリ。新メニューの抹茶フロートも前出のちょっと高級な抹茶を使っていたりするなど、
こだわりやポテンシャルがスゴくて知らないともったいない!ってお店だと思うー
地元の方がメインの客層で冬季休業もないから、冬はおしるこで暖まりに伺いたいなぁ。
駅チカの甘味処かつ穴場ってコトで、オススメしまーす


あーおいしかった★



甘味処 里(さと)
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東12-11
0267-42-4300
10:00~16:00
木曜日(8月は無休・冬期は臨時休業有り)
完全禁煙
温便座有り・ウォシュレット無し・清潔感有り


1~5、9枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
6~8枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/07/05 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(-) | CM(-)