麻布十番浪花家 佐久店 @佐久


麻布十番浪花家佐久店さんへ来ました~
佐久で人気のたい焼き屋さんねぃ
外観
前回の記事コチラ
以前訪れた時は岩村田商店街の中にあったけれど、あれからお店が移転したわー


閉店した!?とか思っている人もいるそうですが、バッチリ営業してらっしゃいますよん
場所はローソン佐久花園町店のお向かい!
移転
ストリートビューはローソンも浪花家さんもまだない頃の画像の為、ちょっとビミョー
が、ローソンの看板は目印になってくれているので実際に行ってみるととても助かる存在なの。
岩村田商店街方面から来ると、更に進んだ右手に日野屋さんがあるわよ


さて、移転した先はひょっとするとお店の方のご自宅
左側の白い建物は、フツーに民家のご様子…
駐車場
ってわけで、車は2台が停められる限度じゃないかと。
前の道も車通りが少ないわけではないので、停め方によっては出るのが大変そうねぇ
オススメは誰かと一緒に行って、ローソンに車を停め…1人はローソンでお買い物。その間にもう1人がササッとってのかしら??
但し間にある道路は超直線!スピード出しまくりの車がたまにいるので、道路の横断には十分注意して~。


店内は、商店街にあった頃よりだいぶコンパクト化
イートインがなくなり、かつてあったかき氷などのメニューは取り扱いがなくなったわ。(でも機械はあるから夏はかき氷アリカモ!?)
基本持ち帰り販売のみに形態を変えたようねぃ。ちょこっと座れるベンチはあるけどねぃ。
店内
お店のご主人は、この日はアタクシが来た時にお隣のおうちから出て来られたの。
残念ながら、浪花家さんの特徴である鉄の型で一つ一つ焼いている様子は見られなかったわ~
また、奥様はとっても気さく「お店の写真を撮ってもいいですか?」と伺ったトコロ「いいわよ~。宣伝してね~♪」と、おちゃめよん


随分カワイイ紙袋だなぁと思ったら、麻布十番の総本店を含めたグループ共通の紙袋とな!
創業明治42年の老舗&伝統的製法を守り続ける浪花家さんの暖簾分けは、全国でたった4店だけ
そんなスゴイお店が、なぜか佐久にあるなんてねスゴイ有難いコトよね!
紙袋
店頭に置いてあるリーフレットには、冷めた時の温め直し方法がいろいろ書いてあるわ。
オーブンやレンジは分かるけれど、油で揚げたりバターを付けたりするって方法も記載されてるのには驚き
冷凍保存ができる旨も案内してくれていたりと、伝統がありながらもその伝統にこだわり過ぎていない姿勢はステキだわぁ。


たいやき 120(税込)
たい焼き
焼きたてではないけれど、保温がしてあるたい焼きを出して頂けましたーっ。
結構しっかり焼かれてる薄めの皮が非常にシンプルで、あまり濃いぃカンジではなく…粉中心のサッパリ系のお味なの。
焼きたてなら外側はパリッとしており、全体としてはもちもちとして噛み応えがあるわ。ふんわりさが全くないのがナーイス♪


あんこは粒を少し潰してるタイプが!滑らかな中にも、小豆の食感が残ってるわよ
北海道産の小豆がいいモノなのカナ??あんこじゃなくて深みのある、小豆自体の味も感じられるのよねぇ。
甘さは間違いなく控えめなんだけど素材の味がいいと言いますか、濃いと言いますかやっぱり違うなー!!
あんこ
このたい焼きはしっぽにあんこがない部分がある点が、とってもいいと思う~だって、皮そのものの味も味わいたいじゃない!?
アタクシ、あんこがやたら詰まってればいいとゆー風潮には反対なのよん
トータルではとてもお上品かつ変に世間に迎合してないとゆーか。独自のスタイルがある、名店のおいしさってカンジね。


おしるこ用あずき 500(税込)
あずき
1パック500gのワンサイズのみ!量ってみたら550gくらいあって、ウレシイ気分~♪
たい焼きの中に入ってるのは、コレをもう少し潰したものだとか注文後にパッケージに取り分けてくれるので、マジでそのままお店の味よん。
お店の方からは、たい焼きの中身のように潰して使わないコトを勧められたわ。素人ですものね
ツヤツヤ小豆 は、食べてみると小豆の粒+砂糖といった印象。甘さはあんこ的な小豆としてはかなり抑えめで、とってもおいしい!!
シンプルかつ小豆を活かす甘さの奥には、塩気も感じられてお上品なのよ~。甘さでオエッとなったり寒気がせず、かなりの量が食べられると思うわ。
瑞々しいながらも小豆の食感もわりと残り、つぶあんよりも固く…あくまで小豆!みたいなな
甘さが控えめだからトーストとかにそのまま載っけて食べると、どんどん追加で載っけたくなるイメージカナ。ちょっと自分ではできないクオリティはさすがねぃ!


久々に食べたら、そのお上品なお味がすごくおいしかったー
年齢層高めな人にはもちろん、「普段甘過ぎてたい焼きとか食べないし~」って人にも受け入れてもらえるような、洗練されたあんこなのよねぇ。
カウンター
そしておしるこ用あずきは、たい焼き以上にその実力を思い知らせてくれる素晴らしい逸品。
もう二度と自分であんこを作ろうと思わなくなったわ
たい焼きもおしるこ用あずきも予約OKだから、冬には絶対おしるこを作ろうと思う~。
夏は、白玉と一緒に和スイーツを作っちゃおうっと


あーおいしかった★



麻布十番浪花家 佐久店(食べログ)
長野県佐久市岩村田3373-7
0267-67-7949
9:00~18:00
水曜日


1~4、9枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
6~8枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/26 15:10 ] 佐久のお店 | TB(0) | CM(2)

あの有名な歌の

泳げたいやきくんでお馴染みの?なんですか?めちゃくちゃ有名じゃないですか?!美味しそうなあずきですね。
さてさて、そろそろそちらへも遊び行きたいですが、6月下旬いかがですか?平日の日帰りですけどー。
[ 2015/05/27 11:45 ] [ 編集 ]

Re: あの有名な歌の

>もっちゃん様
そうそう。麻布十番の総本店がモデルみたいですよ~♪
あずきは激ウマ!!お上品で絶対に自分では作れないレベルですぅ。
さて、6月下旬OKです!!日帰り大変残念ですが、了解。
日程がまとまりましたらご連絡下さいませ♡
[ 2015/05/27 21:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1165-77c80ca8