民家カフェ らおだお @軽井沢


民家カフェらおだおさんに来ました~
去年の7月にオープンしその後12月~3月までの冬季休業を終え、4月から今年の営業を再開してるのー。
外観
去年はまだお店として営業していなかった為満喫できなかった春のお庭も、今年は十分堪能できるわ!
いろんなお花が咲きまくってるし、周りも新緑ばかりでとっても美しい!!
お店に入る前に、ついお庭を1周したくなっちゃうコト間違いナシよ


いつの間にやら、テラス席も気持ちいい季節よねぇ。コチラはワンサンもOK!
昨年の記事と比べると分かると思うのだけど、建物の出窓だった場所が出入り口に改装されたの。ってわけで、お料理の配膳も大変スムーズに~。
お客さんにとっては更に出来立てのお料理を運んでもらえ、お店の方にとっては遠回りせず安全に運べるようになり、まさにwin-win
テラス席
なお、このテラス席の手前には車が停まるのでそれだけはご承知置きをー。
駐車場はこの手前の場所以外に、建物を挟んだ反対側にもあるのね。
その場所は一冬を越えたので去年と比べ草が生い茂り、タンポポまで咲いちゃってるのよ…
がしかしお店の方によればその草は踏み潰して車を停めてしまって良いそうで。躊躇せずにどうぞ


テラス席からは、日本離れした御影用水の美しい景色がよく見えるの!
浅間山方向のこの景色は、店内の席からは見えないテラス席だけの景色よー
こちら側には歩道がないからお店の真横を人が通るコトもないわ。反対側にはお散歩する人が見えるけどねぃ。
御影用水
今年の営業に入り変わった点で最も重要なのが、定休日の変更。
以前の水・木曜から日・月曜に変わったの
休みの日よりも、平日に利用するお客さんが多いからとゆーのが理由だそう。


さぁて。靴を脱いでお店の中に入りましょ。
「民家カフェ」の冠の通り、まさに古民家ではなく民家な店内。古過ぎない昭和の香りがするわ~
カウンター
ここでアタクシしくりましたこの画像の、アタクシが立っている箇所の写真を撮ってくるのを忘れちまいました!!
去年の記事を見て頂けば分かるのだけど、コチラは1段高くなっているかつてのお座敷ゾーン。
レイアウトの変更があり、今年は2人掛けのテーブル席が2席ありまっす
カウンター席はおひとり様や、常連さんが座るコトが多いわねお店の方とのお話が弾む席でございますわよ。


フリマコーナーは、更なる充実っぷり
名前のように掘り出し物が見つかるカモ!?なフリマでありながら、手作りのアクセサリーなどここでしか買えない商品も並んでいるの。
あ、この日も懐かしのコンポが活躍してたわ
フリマコーナー
また、らおだおさんでは定期的にトールペイント教室も開催しているんですってー。
トールペイントとは木製品に絵具を塗る手芸のコトだそうで、外部から先生をお招きし、初めての人も多く参加して行われているんだとか
ケーキとお茶と共に、和やかな教室だそうですわよ。
下絵があるみたいだから、絵が描けない人でも大丈夫と伺ったけどアタクシの超絶下手くそレベルだとどうなんだろう


御影用水が店内から見える唯一のゾーンは、去年と違って1卓のみになり個室風に
予約可なので、御影用水を見ながら食事をしたい人は事前に電話をしておくと確実だわね。
こんなにナイスな立地だけあって夏の間だけでも朝食営業しないのカナぁ??と思いきや、4~11月まで営業時間と定休日は一切変わらず。
マイペースな変わらないスタンスで、ゆったりと営業されていくそうよ
景色
但し、夜は完全予約制でバー営業も可なんだとか!
予約時に希望を言えばお酒を用意してもらるそうで、既にクセになってリピートしてる方もいらっしゃるとのコト!
客層は地元の人と別荘に滞在している人が多く、家庭の味を求めてくる人がほとんどね。
「1泊2日で軽井沢~♪軽井沢らしい食事~♪」みたいな、いわゆる旅行気分の年齢層低めの人達は少ないみたい。


らおだおさん最大の特徴は、お店の方々の親しみやすいお人柄
お母さんと娘さんのお2人は、どちらも明るくお話好きで本当に楽しい!!
かと言って誰にでもむやみやたらに話しかけるわけではなく、節度はあるのでご安心を
手作り
右側の画像は、お母さんが編まれたひざ掛け(2体の人形チックなのは違うわよ。)。
靴を脱ぐと足下が冷えるコトが多い軽井沢では、8月の一時期を除いてひざ掛けはとっても有用なのよ。たくさんあるので遠慮なく使ってみて!
左側の画像は、娘さんの娘さん。つまりお母さんのお孫さんの手書きメニュー
店内に3枚あるこの手書きメニューは、全て高校生の娘さんが下書きナシで書かれたんですって!!
しかもお店に飾ってあるとっても芸術的なウサギの絵(是非お店で現物を確認して~!)も、その娘さんが描かれたそうで…羨ましき才能…


お母さんの日替わりランチ(ドリンク付) 1100(税込)
お盆に乗りきらないので1皿ずつ運ばれる副菜は、だいたい4皿!随時変わるから、毎日行っても飽きないわね
コシアブラとたらの芽の天ぷら(左上)は、苦み走りながらも柔らかくふんわりした風味が春らしい!
天ぷらの後方にあるのは、蒸した?新玉ねぎにタルタルソースがかかっているモノ。新しい新玉ねぎの食べ方は、日常の料理の参考にもなるわー。
副菜
肉そぼろの餡がかかった厚揚げ(右上)は、さり気なく混じった野菜がいいカンジ見た目よりずーっとサッパリしてるわよ。
そして、こんなに副菜がある上にごはんとお味噌汁までセットになってるのが有難い~。
ごはんはなんと、炊飯器の中身が尽きるまでおかわりOKなんだそう
この日のお味噌汁はあおさで旨みがたっぷり~。シンプルなのに手抜き感は一切ナシ!すごくおいしいわ


この日のメインは2種類アタクシは「三元豚のロースかつ」をチョイス!
メインはだいたい1週間ごとに変更されるようで、この日のもう1種類は「厚切り鮭」だったわー
豚カツ
運ばれてきてまず思ったのが、デカ
あんなに副菜がもりもりなのに、メインも全くケチる気配がないのが本当にウレシイ!!
個人的には、添えられたレモンまで分厚く太っ腹なのがポイント高いわね。
お母さんによれば、「カツに対してレモンが足りないと残念じゃなーい」とのコトで。全くその通りでございます


断面を見れば、肉厚でさすが三元豚ってカンジ!
肉自体に旨味があるのはもちろん、脂に更に旨みが凝縮されているのよ
でも脂身の割合は少ないから、重過ぎずいいバランスのお肉なのよねー。
硬過ぎないながらもしっかりと噛んでいる感のある食感もgood
断面
衣はサクサク&ちょうどいい厚さ。冷めてもサクサクでおいしいので、ゆっくり食事を楽しめる安心クオリティだわ。
前菜にもメインにも言えるのは、調理担当のお母さんが良いセンスをお持ちなのではとゆーコト。
ハッキリした味なのに、決して濃過ぎる味付けではないの。
そして、家庭の味とは言えきっと一手間をかけていらっしゃるのね。やっぱり何か違う!アタクシが作るのとなーんか違う
ま、要は安心できる味かつおいしいってコトが言いたいのよだからきっと、このあたりに住んだり長期滞在しているお客さんが多いんだと思うわ。


ドリンクはハーブティーを~カモミールとレモンバームのブレンドでっす。
カモミール強めの甘い系で、とってもリラックスできるわぁ
二重になっている保温性の高いグラスで3、4杯は飲める、これまたたっぷりな量がウレシイ。食後もゆっくりできるわよ
ハーブティー
他のドリンクは、前出の高校生の娘さんが描かれたメニューをご参照。ソフトドリンクのみが選べます
コーヒーは都度豆を挽いて淹れてもらえるし、紅茶はオーガニックの茶葉を使用。
ジュース類の充実は、他店と比べても群を抜いているのでは
お庭のミントが成長してくれば、摘みたてフレッシュミントティーも提供してもらえるそう!!
コレはアタクシ絶対飲みたい!!いつ頃になるのかしら~


久々のらおだおさんは、やっぱり唯一無二の良さがあったわ
シャレオツなロケーションと、親しみやすいお人柄と、コスパバツグンのランチが揃うお店って、軽井沢広しと言えども他にはあんまりないハズよ
御影用水を駆け抜けて店内に入ってきた風は、とっても涼しくて気持ち良かったしねぃ。
玄関
そして今回の訪店で一番ビビったのが、有名辛口映画監督サンがひょっとするとこのブログを見てくださった上でらおだおさんを訪れたカモしれないコト!
もしご覧になっていたら、とっても恐縮だわ
これからも気を抜かずにブログを書こうと、気合いの入ったアタクシなのでした。
次はお母さんお気に入りのアタクシの夫を連れて、近々再訪したいと思いまーす


あーおいしかった★



民家カフェ らおだお
長野県北佐久郡軽井沢町追分48-4
080-6995-8402
11:00~17:00
日・月曜日(冬季12~3月は休業)
店内は他の来店者の迷惑にならなければ可(要相談)・店外喫煙可
温便座有り・ウォシュレット無し・清潔感有り


1~7、12枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
8~11枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/09 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1152-3cb1e41d