飯山産ごぼうかりんとう @ツルヤ


行き先に「金沢」
東京からだと2時間半だけど、佐久平からなら2時間を切るわ
アタクシが気軽に出かけられると判断してるのは片道2時間までってコトで、この30分の差はデカイ!
北陸新幹線
でも、日帰りできると言っても片道1万円以上するのよね…
どうせ行くのなら、交通費が高い分逆に泊まりたくなるわ


ごぼうかりんとう 179
ごぼうかりんとう
先の週末は北陸フェアで賑わったツルヤですが、どさくさに紛れて!?新商品も発売になってたの。
長野県内の人はご存知かと思うけど、北陸新幹線の開通に伴い、実は長野県にも新駅が誕生したのよね。
その駅は飯山!ってわけで、しっかり新幹線も絡めたセレクトでございまーす。


原料など
製造も飯山のメーカーなのねぇ
原料など
なべくら野生酵母とは、つい4年程前にこのメーカーが長野県工業技術総合センターと共に発見した飯山のブナ林に由来する酵母。
常盤ごぼうとは飯山の常盤地区で改良された先っちょまで太いごぼうのコトで、飯山の伝統野菜だそうで
更には八幡屋磯五郎の七味を使用と、すんごく北信の香りがするわ~。


パッケージがパチパチファスナー付きだから、1回で食べ切れなくても安心
が!乾燥剤は入っておらず、乾燥を防ぐ仕掛けもないっぽいのでご注意を。
パッケージ
フレーバーは他に2つ。信州産りんごとポッポ牛乳を使用したモノがあるわー。
なんと試食があったので試してみたトコロ、どちらも特徴が出ていておいしかったそのうちレポするわね
また、価格はメーカーブランドの同商品よりやっぱり割安。直販では電話やFAXでしか買えないみたいだし、ツルヤに感謝~。


コレが全量90g!他の2種より20g以上少ないものの、決して少な過ぎる印象ではないわね。
食感はサクッの後ボリッ!いきなり明らかなごぼうの味と、少し甘めなきんぴらごぼう的な味が広がるの
…と思ってたら、七味が登場しかなりの辛みが味がめまぐるしく変わって、忙しいわよ
全量
ごまの風味も入りつつ、後味には辛みが残り…
でもその辛みが消えるとごぼうが現れて、ごぼう自体の味の強さを思い知るとゆーか…
とにかく味のバランスがよろしく、単純に言えばとってもおいしい


東京駅で常にプチ行列してる、かりんとうのお店があるじゃない!?あのお店のきんぴらごぼうフレーバーに近いカナ
残念ながらアタクシには酵母の特徴が把握できなかったけれど、素材の良さからか「味付けが濃い」のではなく「味が濃い」と感じるわ。
東京駅で買うコトを考えたら、十分割安だしねぃ
断面
1つ1つが見た目よりボリュームがあり、とても1回じゃ全て食べ切れないボリュームもgood長く楽しめまーす。
そんなに嵩張らず軽い為、おみやげにオススメだし定型外郵便でも気軽く送れる!!
友人に何か送りたいなーと予てから思っていたアタクシには、願ってもない新商品だわ♪
味も気に入ったので、地元の人にもオススメしたい1品!定着を願いまっす


あーおいしかった★


1枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
2~5枚目:E-P5 :M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
6枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/18 15:10 ] ツルヤ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jyousyahissui.blog.fc2.com/tb.php/1115-714e03a6