祝!5周年☆&リフ休取得のお知らせ


 今日は5月12日ですが、このブログが始まったのは5年前の5月13日!ってコトで、今日でほぼ約5年。

ブログが始まって5周年を自主的に祝うと共に、またまたビミョーなお知らせを記そうと思いまーす。


 まずは、このイマイチ訳の分からないブログを継続してご覧下さっている皆様、本当にありがとうございます。

このブログが皆様のお役に立てているという話は、直接だったり間接的にだったりチラホラと耳にします。

私のような無能な人間でも、見ず知らずの人様の役に立てる!!そんな思いができたのは、このブログのおかげ。

結果的にブログを始めて良かったなぁ。とりあえずやってみるもんだなぁ。と思っているんです~。


 が、一方でこの5年の間にブログというツールを取り巻く環境が変わったのも事実。

もはやブログはオワコンの方向に向かっていると言っても、大袈裟ではないカモしれないですよね。

ただ私はFacebookのシステムは投稿がブログよりも大切にされない気がして好きでないですし、

そもそもInstagramやTwitterは方向性の違うツールだと感じていますのでブログの代わりにはならないと思っています。

サイトよりも気軽で、SNSより独立性がある。こんなふうに絶妙な立ち位置のブログというツールが、私は好きなんですねぇ。

でもでも、最近はブログのアクセス数は増える一方で、私に伝わってくる反響は少なくなるばかり。

正直、こんなにいろいろ文章を記述しているのに結局徒労だなぁという気持ちが、自分の中で増長してきてしまいました。

そのあたりは、ブログのオワコン化と関係しているのカナ??とか思いますが…何だかビミョーな空気を、ひしひしと感じるのですよ。

とにかく、もう長々文章を書く気が失せました笑!だから文章はほぼ書かないブログに変えます!

しかし写真を撮るのは変わらず好きですので、なるべく変わらず載せたいなと考えています。まぁ、あんなに枚数を載せないカモですけど…

つまり、画像に対して文章が劇的に少なくなります!もはやコメント級です!更に、画像の数も減る可能性大です!

あまり長い文章を書いていると、アタクシのパーソナリティも浮き立ってきますし笑、ボロが出ないうちに長文は終了です笑!

とりあえずそれなりに5年やって来た為、一区切り付けようと決めました。

私の友人とかは、文章激減がちょっとさみしかったりして笑!?じゃあブログで生存確認してないで、直接連絡してちょ笑。


 また5周年ってコトで、リフ休を取得します~。リフレッシュ休暇ってヤツですね。私の勤務していた会社では勤続5年ごとにリフ休があったから、そのノリで笑。

ちなみに会社では5年勤続の場合リフ休は5日間の付与ですが、私はもっと取ります笑。いつまでかはぶっちゃけ決めていません!(つってもMAX1ヶ月くらい??)

新しいブログの体裁も含め、ちょっといろいろ考え直したいのもありまして…

百均記事を続けるのか!?とか、ツルヤの記事もお店の記事と同じスタイルにするのか!?とか、更新頻度をどうするか!?とか、

本当は今日発表したかったものの、自分の中で全く考えがまとまりませんでしたので。

但し!!!強く言っておきたいのは、このブログは終わりではありません!!!休暇取得後、必ず職場復帰します笑!!!

なので(友人&親類以外のいるんだかいないんだか分からない笑)このブログを楽しみにしている皆様、ご安心くださいませ。


 「お知らせ」と言うと、縮小傾向のお知らせしかなくって申し訳ありません。でも、私もちょっとずつ変化しています。

ブログよりも明らかに大切なコトが他にあるし、新しいコトにチャレンジする時間だって欲しくなるんです~。

ってわけで、5周年を迎えてそんなカンジです!!次はいつ更新になるかしら~??

久々に期限を切らずにじっくり考える機会は、実は私自身楽しみでもあるんですよー。

アタマの中を整理して、また改めて新しいスタイルをお伝えできればと思います。

これからも、「信州の東で毎日腹ペコ」と私オマルをよろしくお願いしますねぃ


あーめでたかった★
スポンサーサイト
関連記事
[ 2016/05/12 15:10 ] もろもろ | TB(0) | CM(22)

信州産きのこ使用レトルトカレー @ツルヤ


塩トマトってのを、初めて作ってみたのよ、今更。
塩かけたトマトと一緒だろー!とか思って作ってみたものの、ガッツリ漬けるとグルタミン酸マーックス!!全然おいしーい!!
塩トマト
冷奴に乗っけても、かつおぶし要らずでヴィーガン気取りに笑!醤油すら不要なくらいの満たされっぷりだったぁ。
ポイントはほんの少しのにんにくみたいね。こりゃあまた作ろう!


ビーフカレー 269
ビーフカレー
・ついこないだ紹介したビーフシチューには、カレーもあると申し上げましたわね。
・今日はそのビーフカレーを紹介しちゃうわ。
・アタクシがコレを購入したのは連休前だったけど、相変わらず売れ行き好調っぽかったわよー。


・原料など各種情報。
・牛肉は国産、信州産エリンギ、りんご、トマトを使用。無化調でございまっす。
原料など
・辛さレベルは3となってるけど、他の辛さレベルのカレーは売っておらず。コレ1種類だけの販売みたい~。
・ビーフシチューの記事はコチラ


・製造の「アーデン」さんはトルトパウチ食品の製造をしている小諸の企業ってコトで、レトルトパウチの袋に気合いを感じるわ。
・相変わらず、お勉強になるなわねぇ。
パッケージ
・アタクシは、専らレンジで温め派。ですが、冷たいうちに袋から出すからやっぱり中身が袋に残りやすい~。
・スプーンを突っ込むと柄の部分が汚れるし…コレを改善するレトルトパウチって、どうにか登場してくれないものかしら!?と、いつも思っております…


・全量200gがコチラ。我が家にごはんがなかった為、カレーだけでゴメンナサイ。この量は、ごはんがあればフツーに一食になる量よ。
・一口食べた印象は、旨みがたくさん&ストレートにピリリと辛い!!玉ねぎ、りんご、生姜の味が顕著ね。
・クミンシード(原形)は、食感は分からないものの味的にはほんのり分かるカナ。でも強過ぎないからご心配なく~。
全量
・しかしビーフシチューのルーと同じく、味の一体感が弱いような印象が…それぞれの味はおいしいのに、まとまりが今一つな気がするのよー。
・辛さは最初に弾けるようにピリリと来て、その後はどんどんトーンダウンしていくわ。
・後味にはほぼ残らず、まぁ中辛って言っちゃあ中辛ってカンジカナ。辛いのが好きな人には物足りないかと。


・具は形が分かるのは、牛肉とエリンギのみ。画像のスプーン上の左右が牛肉で、上にちょこんと乗っかってるのがエリンギねぃ。
・牛肉はシチューと同じく、煮込んでも解ける系のしっかり部位。大きめ5かけら程が入っていて、存在感がアリよ。臭みはカレーなので感じにくいカモ。
・エリンギは薄切り小さめピースでニュルっとした歯応え。たくさん入っている上、旨みが抜けきっていないのがgood♪
牛
・総じて言えば、結構おいしいのでは!?が、レトルトカレーってご当地モノも含めるとめっちゃめちゃ販売されているじゃない!?
・だからその中でレベルが高いかと問われると、う~ん的な。もっとおいしいレトルトカレーを食べたコトもある!と言えちゃうみたいな。
・人様にお土産として渡すなら、アタクシはビーフシチューを選ぶカナ。でもでも、全然おいしいっす


あーおいしかった★


1枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
2~5枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
6枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
関連記事
[ 2016/05/10 15:10 ] ツルヤ | TB(0) | CM(2)

ふりふりホイップクリームボトル @セリア


最近スムージーボウル作りにハマっております。
つい買わずにいられなかった大量のチアシードを使う為にもね~ん♪
スムージーボウル
飾り付けがアタクシにとっては最難関!コレが最もうまくできたとは言え、やっぱり不器用&才能ナシ過ぎ…
今日もその不器用っぷりをブログで披露しちゃいますわよ笑!


ふりふりクリームメーカー 100
ホイップメーカー
・え!?マジ!?ホントだったら欲しい!!と思えるような、魅力的なグッズ~。
・生クリームをコレに入れて振り振りするだけで、キレイにホイップクリームが絞り出せちゃうって~!?
・唯一の懸念事項もクリアしたから、迷いなく購入!!


・もろもろ。
・こういった百均グッズと言えば、専ら中国製ってトコロが懸念事項。ですが、コレは日本製ですってよ!!
もろもろ
・使い方も丁寧に書いてあるし、サイズや容量、耐熱温度なども丁寧に記されているのがgood♪
・いつもハンドミキサーで泡立てているけど、ビーターを洗って本体共々箱に収納するのが面倒と感じていたアタクシ…
 だからこの書いてある通りにできれば、夢のようよね!!


・部品は3つ。ボトルと絞り口を兼ねた中蓋と、外側のキャップね。
・本体のボトルはフニャフニャ。掴めばベコっと凹むわよ。中蓋とキャップはフツーに硬いポリプロピレンだわ。
部品
・使う前にまずは洗うわけですがボトルの乾き具合が、まぁ悪いコト!陽に当ててもいつまでも乾かなかったの。
・耐熱温度が60℃な為ドライヤーをガンガン当てるわけにもいかず、遠くから弱いドライヤーの温風を当ててようやく85%程の乾きに。
・ふきんを突っ込むのも難しいから、使いたい場合には中が濡れてないかは早めに確認した方がよろしいかと~。


・ボトルに引かれている線まで生クリーム100mlを入れて、シェイクシェイク!!
・振っていると最初は液体だった中身が、トローリもったりとしてくるのが手から伝わってきまっす。
・外側のキャップを押さえないといつの間にか緩んで飛んじゃいそうな雰囲気だったので、こうしてガッツリ抑えるわよん。
シェイク
・ボトルはベコベコなのにキャップが硬く、ぶっちゃけ力を入れる箇所が難しい!ボトルをガッツリ掴むと、潰れてキャップも飛んじゃうからね…
・あとせっかく生クリームが冷たくても、ボトルを持つ手の熱でどんどん生温くなってしまうのが心配な点。
・まずは5分シェイク!!あ、今回使った生クリームは乳脂肪分40%のモノで砂糖は入れてないわ。


・すると、画像左側のようにだいぶ固まっているもののゆる~い。
・垂れそうに見えるけどこの後もずーっと垂れなかったコトから、ちゃんと泡立ってはいるのよ笑。
・こりゃ足りない!ってコトで、もう3分程シェイク!!
・すると、ギャフン!!!!!!!分離した!!!!!!!!!!もはやバター!!!
分離…
・振っている途中は液体がボトルの内側全体に飛び散って、正直中身の状態が分からず…まさかここまで泡立てちゃってたコトに気付けなかったー!!
・アタクシの名誉の為に言っておくと笑、泡立て器やハンドミキサーで生クリームを泡立てた時には、一度も分離させたコトありませんから~!!
・それから、フツーに泡立てるより生クリームが無駄になるし、使用後の容器を洗浄するのがすんごく大変!完全にキレイにするのは至難の業よ!
・ってわけで、使用にも慣れが必要+↑の事情も考慮すると、ぶっちゃけハンドミキサーの方がストレスレスカモ~。
・キッズには良さ気カナ。大人のアタクシはバターを作る容器として、いつか使うカモねん笑


あー楽しかった★


1枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
2~6枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
関連記事
[ 2016/05/08 15:10 ] 100円ショップ | TB(0) | CM(2)

SANGA COFFEE(サンガコーヒー) @御代田


・今日は「SANGA COFFEE」さんを紹介!
・御代田にある、コーヒー専門店ねぃ。
外観
・店名の「SANGA」は、仏教の言葉で「志同じくする者が集い学ぶ場」から名付けられたそう。
・元々は、サンスクリット語で「仲間・群れ」を表す「samgha」って言葉ですわね。(京都サンガも←コレ由来だそうで。)


【場所・アクセス】
・「小田井」の交差点よりちょっと佐久市寄り。県道137号線からひょいっと1本道を入ったトコロにあるわ。
・小諸方面から来ると、137号線から店舗が見えるわよ。
・御代田駅からは徒歩20分みたい。自転車でも行きやすいわね。
道
【駐車場】
・「SANGA COFFEE」さんは他に美容院などと続いている建物に入っているし、同じ敷地内には別の建物もあったりするの。
・駐車場はそれらのお店や企業と共有で、空いてるトコロに停めていい雰囲気が。
・正直ちょっとカオスになってる感もありますが、逆に言えばゆる~いカンジで。道中含め、小さくない車でも全然余裕よー。


【店内の様子】
・あら、思ったより広い!フツーにカフェレベルの広さじゃなーい!?
・大きな窓で開放感がありつつも、人目に晒されるコトがなくいいカンジ~♪
店内
【お店の方】
・この日は女性がお1人。どうやら、店主さんの奥様だったご様子。
・ご丁寧に接客してくださったし、基本客観的かつここぞとゆー時にはご自身の主観も交えたご説明は参考になったー。


【商品】
・まずはメインのコーヒー豆!ケースの中にどっさりと入っているそのお豆は、どれも美しい~。
・「SANGA COFFEE」さんでは、自宅用に豆を購入した場合はビニールの袋なの。
・アルミバッグや保存性に優れた缶はギフト用として別売りされているので、必要に応じて買い足しましょっ。
いろいろ
・あと、紅茶も質が高そうなモノが置かれていたわー。あまり見かけないカンジの茶葉だったから、詳細を訊いてみれば良かった~。
・その他コーヒー関連グッズも大充実。おそらくドリップスタイルを推奨しているので、フレンチプレスは置いてなかったカナ??
・自社製品以外のジュースやパン、地元産の花豆まで揃えられており、このあたりはさすが長野県ねぃ♪


【試飲】
・他のコーヒー販売専門店と「SANGA COFFEE」さんが最も違う点と言えば、試飲じゃないかしらね。
・こうした立派な席が3つも用意されていて、ガッツリ座ってゆっくりと試飲をするコトができるの~。
試飲スペース
・浅間山は逆側ですが十分気持ちの良い景色を眺めながら、お店の方に急かされるコトもなく心ゆくまでコーヒーを試せるなんてー。
・荷物カゴや雑誌もあって、フツーにカフェみたい!!しかも雑誌は『珈琲時間』や『エル・ア・ターブル』の最新号とな!穴場!!


・もちろん無料ってコトは言うまでもないし、気になる豆はいくらでも試せるそうで。アタクシも2杯も頂いちゃった~。
・しかも2杯目は新しいカップで提供してくださったし、コーヒーのお供にチョコまで出てきたし!!コチラが恐縮するくらいの好待遇よ笑。
試飲
・コーヒーがとてもおいしいのに胃に負担がかからなさそうな飲み口だったので、そのコツを訊いてみると…
・試飲では香りを強く出し過ぎない為に??だったカナ??、あえて濃く抽出していないそう。
・更に、ドリップする際には粉の周囲にしかお湯をかけないとかドリップを落とし切らないとか、そういったテクを教わったわ。
・ケチケチ精神を捨て自分の身体の為に少しリッチに淹れてみると、後に悪影響を及ぼさないコーヒーが飲めるんだなぁと納得!


・さ、帰って参りました!!試飲して気に入った豆と、ドリップパック×2を購入したわ。
・ドリップパックは手軽だし、「SANGA COFFEE」さんの豆をじっくりと試すのに最適!かなーりの種類があるから、いろいろ試したくなる~。
買ったよ
・にしても挽いてもらった豆はビニール袋だから、持ち帰ってる時点から結構匂いが広がるわねぇ。車内も一時的にコーヒーの香りまくり!!
・今回アタクシがうれしかったのは、豆が100gの次が150gで購入できるってトコロ。
・100gの次は200gってお店が多い中、自分の飲む頻度や鮮度などを考えると150gがちょうどいいのよっ。有難い~。


グアテマラ(150g) 780(税込)
グァテマラ
・試飲して買ったので、画像は試飲の時のでーす。
・中煎りってわけで、淹れ方もあるけれどスッキリとしてる印象。
・だけどコクや味わいもあって、すごーく飲みやすい!!
・香りもちょうどいいし、酸味もほぼ感じないし、種々の様子のバランスが良いのだっ。
・後味もキレが良く、イヤな残り方をしないのもナーイス。全体的にお上品なコーヒーだって感じたわー。


ドリップバックコーヒー(深煎ブレンド) 120(税込)
ドリップパック
軽い!
・深煎りの香ばしい香りする~!
・飲むとまず香ばしさが来るのが深煎りならでは。焙煎っぷりが広がってふくよかなのよね。
・でも淹れ方って超大事!まさに深煎りのいいトコそのままに、重過ぎる部分を取り除いたってカンジなのー。
・角がなくまろやか。でも厚みのある味でもあり、温かいうちは全く感じなかった酸味は冷めても少ないわ。
・後味には香ばしさと深みが残って、最後まで深煎りっぷりを存分に楽しめたぁ。


・コーヒーってまだまだ分からないコトが多く、専門店に入るのって未だに勇気が要るアタクシですが…
・「SANGA COFFEE」さんはとても専門的なのにも拘らず、アタクシのようなニワカでも入りやすくて有難い存在~。
カフェみたい
・ほとんどの豆にドリップパックがあるって点も、他店に比べて気が利いていると言えるのでは!?
・連休や夏でも混雑しにくい場所にあるから、訪れるのを躊躇しなくて良いのもナイス笑。また行きまーす


あーおいしかった★


SANGA COFFEE(サンガコーヒー)
長野県北佐久郡御代田町御代田 1972-1
0267-32-6718
11:00~18:00
年末年始


1~6、11枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
7、9、10枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
8枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
関連記事
[ 2016/05/06 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(0) | CM(0)

相撲料理 大鷲 @佐久


・今日は「相撲料理 大鷲」さんを紹介!
・地元に超超浸透している、東信地区唯一の相撲料理店ねぃ。
外観
【場所・アクセス・駐車場】
・県道138号線(佐久甲州街道)沿いにアリ。この櫓が目印となっており、車でも場所を見落とすコトはそうないわ。
・最寄りの滑津駅からは徒歩約6分。県道の横断がとっても危険ですが、電車の駅が近いのは有難い~。
・駐車場は50台駐車可で、大型バスも可とな!お隣のカラオケ店駐車場に停めないようにだけ注意しましょっ。


【「大鷲」】
・大鷲とは、1960年代後半から1970年代にかけて活躍したお相撲さんの四股名。現役時代は若松部屋所属で、最高位は西前頭3枚目とのコト。
・引退をされた後に、このお店を始められたそう。
大鷲
・その息子さんは同じく若松部屋に入門された後お相撲を引退し、その後プロレスラーに転身。
・現在はこのお店の経営と佐久市内でのプロレス興行のプロモーターとして活動。レスラーの活動は不定期だとか。


【店内の様子】
・そんなわけで、店内は基本お相撲感が溢れているわよ。力士の方の来店も多いようだし~。
・仕切り戸にお相撲関係の絵が描かれていたり、お相撲さんのサインや手形や写真がいっぱいあったり、座布団カバーもお相撲デザインだったり。
・日本で生活を長く送る人ならきっと、それらを興味深く見られると思うー。
2階
・この日アタクシ達は階段を上った2階に案内されたの。2階はオール座敷席で、仕切り戸で3部屋に分かれているわ。仕切り戸を開ければ大人数にも対応OK!
・但し、掘りごたつの席はなく補助的なイスも数が少ないので…足が悪い人などはツライカモしれないわね。寄っかかれる場所もあまりないわ。
・ところで今回は事情があり、ビミョーな写真が多いですっ!お許し&お察しください。


・1階の画像もちょっとだけ。右手にはテーブル席、左手にはカウンター席が見えるわね。
・予約をせずに訪店すると、このテーブル席に案内される場合が多いカナぁ。
・ブログロゴのあたり、1階の奥の方には個室がアリ。1階の個室は、確か1グループで貸し切れるくらいの広さだったと記憶してまっす。
1階
【その他】
・アタクシの以前の感覚では、ちゃんこ鍋ってちょっと気合いを入れて「相撲料理!!行くぞっ!!」ってカンジで気張っていくイメージだったのだけど、
 「大鷲」さんは気軽に行けるし、地元の人達に超浸透しているから全体にゆるりかつアットホームな雰囲気ですごーく自然なカンジ!
・相撲料理店でありながら、それ以前に地元に愛されるお店ってトコロが、アタクシ好きなのであります。
・話は変わってお相撲やプロレスのみなさん以外にももちろん有名人も来店してらっしゃって、いっぱい写真が飾ってあるのですが…
 お店に入ってすぐレジの近くあたりのナイスポジションにある写真が「タレント 羽賀研二」サンってのもビミョーにたまりません笑!


【お店の方】
・大鷲さんはカウンターの中で調理をしてらっしゃるようで、まともにお顔を拝見したコトがないのー。
・この日もいらっしゃったのカナ??息子さんだったのカナ??帰る時に「ありがとうございました~」とは聞こえたけど、アタクシの諸事情により確認できず~。
・女将さんはいつもハキハキ&テキパキとされている方。でも主に1階のホールご担当らしく、この日は帰る時以外はお会いしなかったぁ。
相撲
・2階でアタクシ達をご担当してくださったのが、若い女性。普段は東京にいらっしゃって、なんと週末だけ「大鷲」さんに働きにいらっしゃってるのだとか!
・その方はちゃんこ鍋が大好きだそうで、東京でもいくつものお店でちゃんこ鍋を食べているそうよ。
・明るく笑顔もトークもステキで、丁寧にお鍋を作ってくださり感謝~。気遣いもバッチリだし、お世話になりまくりましたっ。


大鷲特製餃子 750(たぶん税込)
餃子
・鍋の前の、オープニングアクト!アップめで撮ってるものの、1個がかなーりデカイのよーん♪
・パリッとした焼き目ともっちりとした皮の向こうには、超ジューシーな肉汁が~!!
・あんは挽き肉や玉ねぎがメインで、白菜やキャベツは入っていないっぽいの。
・しかもちょっと甘めの味付けでね。他にはないような珍しい仕上がりの餃子になってるわ。
・ちょいピリ辛のタレをつければ、味が締まってコントラストも引き立つ!おいしくてクセになる~。


馬刺し 2000(たぶん税込)
馬刺し
・結構なボリューム!!ってわけで、ハーフサイズもアリ。
・サシが入っておらず超赤身!に見えるけれど、食べてみると噛み応えはあるのに柔らかくて適度な脂ノリ!
・しかも噛めば噛む程、あの馬肉ならではのバランスの良い旨みが溢れ出てきてね…この馬刺しは人生でトップ3に入るウマさよ!!!
・半シャリみたいな凍ったまんまで提供されるコトもなく笑、コンディションが良い状態で食べられるのもうれしー。
・日本酒が合うに決まってる!!のですが、今回のアタクシは断念…


大鷲鍋 4200(たぶん税込)
ちゃんこ鍋
・2、3人分とメニューに書いてあるからって油断大敵笑!このボリュームだもの!!!
・野菜から肉から魚から、いろんな具材がいっぱいよー!しかもこの下にはきしめんが入ってるー!
・きしめんはシメ的に食べる為の具材だから、シメも含めてこの価格ってのはだいぶお得よねぇ。ハーフサイズもあるしねぃ。
・しかし実際お店に来た現役の力士さん達は、コレを1人1個に更に追加ですって!やはりスゴイわ!!
・具材を入れる順番などを聞きつつも、前出の女性に作って頂きました~。


・スープは醤油味をチョイス。他にみそ味やしお味もあるけど、オススメは醤油味だからねん。
・醤油味ながらもそこまで醤油は強くなく、甘辛なとっても親しみやすい味のスープだわ。
・最初はスープの味そのままからスタートし、具材からのダシが出るとどんどん複雑な味に変わるの。鍋の醍醐味~♪
醤油
・「大鷲」さんのちゃんこ鍋はすり鉢的な取り皿に予めごまが入っており、待ってる間にミニすりこ木でゴリゴリしておくのね。
・そして鍋が完成したら具とスープをその取り皿によそって、そのごまも相まって味わうってスタイルだから更に味に深みが出るぅ。
・ちなみに「大鷲」さんのスープは無添加ですって。都会のお店ではそうでないお店も少なくないんですって。


・具を食べ終わったら、きしめんをサッと♪
・きしめんと言ってもそんなに厚みはなくてツルっと食べられちゃう為、もっともっと欲しくなるわよ笑!!
きしめん
・各具材やきしめんもそれぞれ増量できるから、足りなければ追加も可能。
・…ってわけで、アタクシ達雑炊セット 300(たぶん税込)を追加で注文しちゃいましたっ!!


・みじん切りの長ねぎはトッピングかと思いきや、なんと先に入れて煮込むよう。コレは自分では絶対やらない作り方!さすが!!
・つゆだく仕上がりとねっとり仕上がりを選べるとは言え、ココはお店の方オススメのねっとり仕上がりでしょ~♪
・完成した雑炊は、得も言われぬ”UMAMI”の粋。何味とも言えない、でもとんでもなくおいしい…一緒にいた人達も「ウマ~ウマ~」を連発してたし笑。
雑炊
・その中で早めに投入された長ねぎの苦みが絶妙なアクセントに。ボケた味で終わらせない一手間が、これまたさすが過ぎるっ!!
・ところが食べ終わった頃に衝撃情報!なんと、スープの持ち帰りができるんだとか!!
・お客さんの中には鍋持参で旨みが出まくったスープを自宅に持ち帰り、次の日の朝雑炊を自分で作って食べるって人もいるそうで。
・せっかくのスープだからと、こうした心遣いを忘れないお店側の配慮もウレシイじゃないのぉ。
・コレだったら、お腹がはち切れそうになりながら雑炊を意地になって食べなくてもいいわね笑。有難いっ。


・いやー、お腹いっぱい!!今回はお店の方においしい食べ方なども聞けて、有意義な時間でもあったわ。
・鍋はちゃんこ鍋以外にもすき焼きやしゃぶしゃぶに湯豆腐鍋などもあるし、他に揚げ物やおつまみ系に定食に蒸し物に刺身にサラダまで…
 本当に様々なメニューがあるの。ちゃんこ鍋目的でなくても、フツーに食事ができるお店としてもバリエーション豊富でgood♪
番付
・アタクシ的には、平日限定のランチが気になるー!ちゃんこ鍋ランチってどんなだろ!?
・大鷲ラーメンとかヒレカツ定食とか、昼だからこそ食べてみたいメニューもまたたくさんアリ。
・1人とかいきなり夜は緊張してしまう!って人は、まずはランチからいかが~!?
・とりあえず、ファミリーやグループで行くと更に楽しいお店ってコトですんごくオススメでっす


あーおいしかった★



相撲料理 大鷲
長野県佐久市瀬戸1624-3
0267-63-0118
昼 11:30~14:00(L.O)
  夜 17:00~21:00(L.O ドリンクL.Oは22:00)
月曜日(祝日の場合は営業し、翌火曜日振り替えの場合などが有り。HPにて店休日を要確認。)
全面喫煙可
未調査


1~5、12枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
6~11枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
関連記事
[ 2016/05/04 15:10 ] 佐久のお店 | TB(0) | CM(0)