FC2ブログ









ごはんや ハレノヒ。 夕方おりょうり教室 (2016年4月19日) @佐久


・「ごはんやハレノヒ。」さんの夕方料理教室に、今月も参加してきましたー!(先月の記事はコチラ。)
・アタクシが参加したのは、4月19日開催回よ。
カウンター
・今回は6名の参加!
・皆さんが夕方料理教室に何度も参加されているメンバーだったので、勝手を知っている分進みが早かったー!


・店主岩崎さんによれば、今の時季ってこのあたりは野菜の色味がまだないそう。
・それは個々の野菜がどうとかではなくって、野菜の種類的な意味合いねん。
野菜
・確かに直売所を見てみても、緑の葉物と大根やかぶなど白い野菜ばっかり~!
・逆に冬の方がじゃがいもとかにんじんとかがあったりして、色味が多かったりするのね。
・このビミョーな時期に、ピンポイントでレシピを合わせてくださるなんてー!さすが!!


・繰り返し参加している方々ばかりだと、怪しい呪文コーナー笑もこんなにスムーズに笑。
・ご存知、重ね煮を作る前の感謝の声掛けでございまーす。
手
・でも怪しい!危険!と感知した人笑には、強制は致しませんよー。
・「ハレノヒ。」さんはだいぶゆるりなベジ料理のお店で、「動物性食品なんて!!キーッ」みたいな極端なお店ではないの。
・コレが、アタクシが長々と「ハレノヒ。」さんに通える理由なのねぇ。


・さ、今回は新作レシピが2つも!!まずはパイよ~!
・こうして層を作りまくるコトが、バターを使わないパイの最重要ポイント!
層
・かつて教わったレシピにのり塩クラッカーってのがありましたが、あれよりは層が少なくてもいいんですってー。
・のり塩クラッカーは激ウマなものの、正直層を作るのが面倒だったので…
・コレなら家でも作ろうと思える!!更にズボラ向きレシピ~♪


・その生地はぐるぐるぐるぐると、皆さんで巻きまくり!
・が、アタクシは撮影に専念させて頂きました…こうして不器用な人は、作業を断るコトもできたりしちゃいまっす。
ぐるぐる
・質問や意見、間違いの指摘笑などはバシバシしちゃってOKだし、なんとも和やかな雰囲気~♪
・基本立ちっぱなしだけれど、疲れる人や足腰の悪い人は座っても受講できますよー。


・今回の斬新組み合わせコーナーは…見ても全く分からないでしょう!!豆腐じゃないわー笑。
・アタクシ個人としては絶対に浮かばない取り合わせ!!
組み合わせ
・実はコレねぇ、おからと豆乳マヨとバルサミコ酢なんですーっ!!ビックリでしょ!?
・作ってる間から味が全く想像できず、アタクシより長く生きてる方々にも新しい発見があるようよ。


・今回の重ね煮は、カレーに変身。みじん切りで重ね煮をしても煮崩れはしない為、適度にマッシャーで潰すとカレーらしさがアップするわ。
・大根、かぶ、玉ねぎとゆー野菜チョイスにも、秘かにポイントがあるの。
マッシャー
・旬の野菜を選びつつ、カレーを作り上げる上でのそれぞれの役割も考慮するとゆー、実に考えられたカレーなのよね。
・かつてはすりおろしたじゃがいもを仕上げに入れていたりしたけど、今はその必要もなくより楽チンなレシピになったそう!


白い重ね煮カレー
カレー
・野菜が白いモノばかりだったので、カレー粉は使いつつ豆乳でまろやかに仕上げた白めのカレー。
・カレー粉のガツンっぷりが豆乳により緩和され、カレーが前面過ぎないのよ。
・大根はどちらかとゆーと馴染んじゃう野菜なものの、かぶはこれだけ煮ても苦みが残るんだわー!
・トッピングに散らした茹でたカブの葉が、これまたちゃんとした具になってる!
・まろやかながらも味の芯が通ってるって印象で、物足りなさはなくって新しいカレーね。


おからとキノコとお豆のサラダ
サラダ
・おからを使って、見た目は白和え的に。でも味はシャレオツ洋風な新感覚で、例えようがない!!
・ツルっと絡む系の具の数々に見事に衣とゆーかドレッシングが絡んで、全ての味が一体となり複雑ぅ。
・おから×豆乳マヨ×バルサミコ酢ベースの衣は、見た目に反してイタリアンなお味もするわね。
・新しいのにとってもおいしーい!アンチョビとか入れても合いそうな、意外にガッツリなカンジのサラダよ。


シナモンシュガーパイ
パイ
・え!?マジでバター不使用なの!?!?ってくらいのリッチっぷり!
・油脂は菜種油のみなのに、どうしてこんなに芳醇な風味を感じるのか~!?(アタクシの味覚がおかしいのか~!?)
・フツーのパイと比べ、なーんにも遜色ナシ!むしろ油っこくなくてとても食べやすいわ。
・サクサクとした食感が、捻った形により増長されているのもgood♪
・ホンモノパイを食べるよりずっとカロリーも低いし、でもしっかりとおやつになるし。コレは超オススメ!!
・しょっぱ系のアレンジも良しとのコトで、絶対家で作るわ!!


・今回も新しい発見があって、すごーく有意義な時間だった~!
・来月ももちろん参加予定!募集開始の際に何を作るかも合わせて発表されるから、お料理名を見てどの日にしようか決めてるアタクシよ。
花
・そろそろ訪れるイベントシーズンには、今年も出店を多くされるっぽい「ハレノヒ。」さん。
・もうそんな季節なんだなぁと感じると同時に、長野県の野菜たっぷりシーズンが楽しみなのでしたーっ


あーおいしかった★



玄米菜食ごはんや ハレノヒ。
長野県佐久市岩村田2329-1
0267-78-3155
9:00~18:00(L.O 17:00)
日曜日(料理教室開催週は土曜日休の場合もある為要確認)
全面禁煙
温便座有り・ウォシュレット有り・清潔感かなり有り(なんだ館のトイレを利用)


ALL:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
関連記事
[ 2016/04/20 15:10 ] イベント | TB(0) | CM(2)

白いレモンドーナツ @ツルヤ


この度熊本や大分での大きな地震において亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げると共に、
怪我を負ったり不便な思いをされている方々にお見舞い申し上げます。
熊本のシンボルである熊本城の現在の姿には、特に大きな衝撃を受けました。
新玉名駅
写真は約2年前に行った際撮影した、熊本県玉名市の新玉名駅です。
調べてみたトコロ、玉名市は不便ながらも何とか日常生活を送れる状態のようなのですが、九州新幹線は復旧の目途が立たないようですね。
長野県とはまた違った山の魅力を感じた熊本県。どうか、1秒でも早く普通の日常が戻りますように。


白いレモンドーナッツ 199
ドーナツ
・昨日ツルヤに行ったら、レジ近くで猛プッシュされていたこの商品。
・今まで見かけたコトがないから、どう考えても新商品!?とか思って購入してみたの。
・帰宅後ツルヤのチラシを見てみたら、やはり新発売とのコトよ!


・原料など各種情報。
・ポッポ牛乳&瀬戸内産果皮入りレモン果汁使用が売り!
原料など
・しかーし!製造は埼玉の会社で、残念ながら長野県ではないのだーっ。
・実は同メーカー製造で以前から販売されている、おんなじカンジのあんドーナツもあるのだけれど、それは「埼玉産小麦使用」とかパッケージに書いてあってね。
・うーん、正直言いましてそれで購買意欲があんまり湧かなかったのよ…
・だってツルヤの商品なら、長野県産の小麦を使って欲しいじゃなーい??不使用なら、逆に何も書かないくらいが夢があってよろしいかと笑。


・そんなわけで、この商品は小麦の生産地については記載されていないわ。だから国産ですらないカモ~??
・さて、パッケージは開封する前は当然密封されているものの、一度開けてしまうと付属の針金で留めるしかないの。
パッケージ
・大きな乾燥剤が入っているとは言え、いっぺんに食べるケースは少なそうだからパチパチパッケージを所望しちゃう~。
・しかも賞味期限はパッケージの最上部に記載されている為、上部を切り離しちゃうと目安の賞味期限すら分かんなくなっちゃうわよ!
 (もちろん開封してしまったら賞味期限は関係ないのは分かってるけどねぃ。)


・コレが全量180g!数えてみたら21個ね。
・開封した瞬間、ぶっちゃけ梅雨時の風呂マットや雨の日の男子の靴下みたいなにおいが…ただ、揚げドーナツっぽい香りも少し感じられたわ。
・でもそれは1つ手にして食べる時には影響ナシ!口に入れて噛めば、レモンの風味が一瞬で広がる~♪
全量
・果皮入りレモン果汁使用ってコトだから、内側の皮のような苦みもするわね。
・酸味は弱いものの、しっかりレモン味のお菓子と言えるんじゃないかしら~。甘さはそれなりにあり、油っこさを感じないドーナツに仕上がってるわよ。
・食感はほろっと懐かし系でふんわりとゆーよりは詰まってる、駄菓子の方を向いた食べ応え。
・しっとりさも適度にあるので、手で割っても崩壊しないしっかり生地だわー。


・あんなしで、中はフツーに生地のみでーす!
・「冷やしてもおいしい」って書いてあったので冷蔵庫で冷やして食べてみると、生地が更に締まってサクッとした食感になる印象。
・冷やすコトによって甘さが若干鳴りを潜め、酸味も少し分かるようになるカナ。
断面
・でも冷やすとレモンの香りもまた控えめになってしまうから、全体の完成度としては冷やさない方が上と言えるカモ。
・全体としてはあまり他にはないような味のドーナツだし、結構おいしいと感じたー。
・欲を言えばもう少しミルキーさがあって、かつレモンの外皮が目に見える形で入ってるとよりリッチで買いたくなるかと。
・改良の余地はあれど、それでもオススメと言えまっす


あーおいしかった★



1枚目:DMC-GM1K *LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
2~5枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
6枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
関連記事
[ 2016/04/18 15:10 ] ツルヤ | TB(0) | CM(0)

一歩 @軽井沢


・今日は「一歩」さんを紹介!
・追分宿にある、どっしり系パンが評判のパン屋さんね~。
・過去の記事はコチラ
外観
【場所・アクセス】
・追分宿の中でも、わりと「追分」交差点側にアリ。車で行けば、まぁ迷うコトは有り得ない場所ね。
・徒歩だと信濃追分駅から約25分もかかってしまうわ!しかも途中まで上り坂だし!
・軽井沢町内からなら、町内循環バス西コースの「追分公民館」バス停で降りれば徒歩1分で着きますわよん。


【駐車場】
・お店の向かい側にアリ。5台程停められるものの、だいぶ狭くて満車だと出し入れは大変かと。
・ってわけで、その駐車場に停めてるのは軽やコンパクトカーばかりを見かけるわね。
・お店の横にも2台程停められるんだけど、大きめの車はそのスペースと路上に駐車しているケースが多い模様。
・この日はコンパクトカーなのに路上に停めてる人もいたー!こりゃあよろしくない!!
店内
【店内の様子】
・まぁ以前と特に変わらず、木の温もりを適度に感じられるスタイリッシュな空間のままだわ。
・ただ、開店当初は細部をよく見ると!?的センスだったモノが、現在はちゃんとセンス良くなっているわねん笑。
・この建物は「一歩」さんが入る前は長らく「追分だんご」の団子屋さんだったそうよ。


【パン】
・パンの種類は以前に比べて激増!しかも、甘かったりふんわりだったりと従来の「一歩」さんのイメージとは異なるパンも増えたのねぇ。
・しかしながら、ライ麦100%や穀物混じってる系のどっしりしっかりパンもそんなに減ってはいないの。ライ麦を使ったパンの品揃えは、依然として軽井沢随一だと思うー。
・以前に見られなかった商品として、焼き菓子も挙げられるわね。グリッシーニにラスクにサブレと、浮ついてないカンジ笑が「一歩」さんらしいっす!
・原料は砂糖はてんさい糖、油は米油、小麦粉はほとんどが国産だから、小さい子を持つママさん達にも評判がよろしい様子よ。
パン
・パンを製造しているのが小諸の工房であるとゆー点も、前と変わらず。
・繁忙期でなければ工房からのパンは1日1便とのコト。それ故に、開店直後が一番品揃えが良いそう!
・アタクシが今回訪店して感じたのは、試食の多さ!半数以上のパンに試食があって、どんどん食べて良いんですって~笑。
・以前にも書きましたが、この木製パンケースは偉大!清潔だし使い勝手がサイコーなの。他店も導入して欲しい!


【カフェ】
・開店当初は営業→しばらく休業だったカフェが、去年の終わりくらいから復活!
・以前あったモーニング営業はなくなり、ランチとお茶営業のみに変わったの。
・ランチは後程紹介するけど、それ以外にはでっかいらしいハニートーストもあるようよ!!ランチ以外の時間にでもオーダー可とな!!
カフェ
・このテーブルはなんと、以前の団子屋さんで使われていた長テーブルだったそう。
・これまた以前にも書いたけど、カフェエリア内にあるイスとテーブルは、全て販売されてますからー!もちろん一品モノよ。
・ひざ掛けも荷物カゴもWi-Fiもないけれど、なーんか許せちゃう笑ステキな雰囲気の空間ね。


【テラス席】
・リードフックがある為、ペットOK!なんと、猫チャンもOKだとか笑!!
・青い骨の部分には夏は葦簀を掛けて涼しく、冬はイルミネーションを括りつけると伺いました笑。
テラス席
【お店の方】
・開店当初はだいぶ!?だったけれど、現在いらっしゃる方々はとってもカンジが良くて笑顔がステキで明るい雰囲気~♪
・「一歩」さんは、「ジオ・パラダイス」さんとゆー住空間を総合的に作り上げる工房が営むパン屋さんなのね。(設計、デザイン、建築、特注家具、木や鉄の作品など。)
・で、その「ジオ・パラダイス」さんで働く職人さんなども、ローテーションで「一歩」さんでの販売などの業務をこなされているそうで。
・アタクシが接客して頂いたりお話を伺ったりした方々も、職人さんだったりしたみたい!スゴ!!
・ちなみに「住」を作っている工房だからこそ、次は「食」で世に提案したり貢献したりしたいからパン屋さんを始めたんですって。ほぅ、なるほど!


一歩Pallett Pleat(そのまま記載しましたが、「Pleat」でなくて「Plate」??) 900(税込)
【日替わりスープ】
スープ
・この日は野菜のコンソメスープでしたが…飲んでみた第一印象は、あらやさし!
・コンソメのガツン感は少なくて、オレガノ??などハーブと溶け出た野菜のエキスがしっかりなのよ~。
・具は玉ねぎ、じゃがいも、白菜に、脂に旨味のあるベーコンと豪華!ゴロゴロとした大きさで、食べるスープと言っていいわね。
・特にベーコンは、噛むと独特の風味をもたらしてくれてナイス役割♪
・一緒に運ばれる黒胡椒を振っても良し!まやかしでないガッツリ香る黒胡椒で、確実にアクセントになってくれまーす。


【サラダ】
プレート
・サラダはミニトマト、新玉ねぎ、レタス、白菜、紫キャベツのオール生野菜サラダ。
・シンプルにオリーブオイルと塩胡椒で味付けされているわ。野菜の味がだんだん力強くなってきて、春を感じるぅ。地物の野菜もいよいよねー!
・味が足りなければ、塩胡椒とオリーブオイルで調味をしましょ!


【オープンサンド】
【鶏のクリーム煮×バゲット】

・にんにくを擦り込んでトーストしたバゲットに、鶏と白菜のクリーム煮がオン!
・まず具が落ちずに食べられて、物理的に都合がいいわー。煮汁でバゲットが柔らかくなるのもいいしねん♪
・やさしめ味のクリーム煮ににんにくのはっきりとしたパンチが加わって、コレはナイスアイデア~。
・クリーム煮とにんにくの存在を十分に味わえつつも、それぞれの調和も感じられる絶妙な出来ね。
【きのこのマスタード炒め??×カンパーニュ??】
・記憶が曖昧でスミマセン。確かカンパーニュ的なパンに、マスタードの効いたきのこがどーん!と。
・きのこの持つ旨味と、パンの味が見事にマッチ。きのこがリッチになって、お互い高め合っている印象よ。
・緑色のペーストは、あまり味がしないなぁ。きのことマスタードが前面に出るのね。
オープンサンド
【キャロットラペ×ライ麦100%パン】
・ラペ自体は結構酸っぱい!レモンとゆーより米酢の香りがするの。
・パンも酸っぱめ!かつライ麦100%だからクセのあるパンなのよね~。ホロっと解れちゃうような柔らかさよ。
・お味は酸味と酸味なんだけど、違うタイプの酸味同士だからか酸っぱ過ぎずにおいしいと思えるわ。
・にんじんのザクザクと、パンのしなしな食感の対比も面白いー!
【りんごのコンポート×甘めオレンジピールパン】
・オレンジピールが入った「一歩」さんの中では柔らかめのパンにヨーグルトが塗ってあり、その上にコンポートが載っているわ。
・りんごのコンポートは煮過ぎていないサッパリタイプで、フルーティーさも残っているの。
・更にパンの中のオレンジピールが、フルーツもう1品!的に躍動していてちゃんと活かされてるのよ。得した気分になるわぁ笑。
・どれも食べ方の提案をしたい!とゆーお店側の意図に納得の食べ方!勉強になりましたっ!!


【紅茶】
紅茶
・アールグレイね。間違いなくどこかで飲んだ味な気が…笑。ま、フツーにアリね♪
・食後に飲みたい場合は注文時に申し付けましょう!アタクシは伝え忘れたから、食中に提供されちゃったわー。
・量はフツーに大きくないカップ1杯程度で、「ランチの紅茶」ってカンジ。他にはコーヒーも選べるとのコトよ。
・さ、いくつか気になるパンを持ち帰りましょ!


クロワッサン 150(税込)
クロワッサン
・逆にクロワッサンを選ぶ!!そのまま食べると、しっとりした生地に強さを感じるぅ。「一歩」さんらしい噛み応えのあるクロワッサンなのね。
・ふんわりとはしているが、何故かバラけないのよー。層はちゃんとあるのにねぇ。
・持ち帰ったら、オーブントースターで温め直して食べるのが断然オススメ!
・バターの風味がとっってもリッチになるし、食感もさっくりな部分が俄然目立つのだーっ。
・でも中にはもちっとした部分も残っており、空気のように消えてしまう笑クロワッサンとは確実に違う!物足りなさもないー。
・温めたらめちゃめちゃウマイ!!ギリギリ「一歩」さんらしさが残る、絶妙なクロワッサンだと思ったわ。


ベーグル五穀 200(税込)
ベーグル
・五穀とは、おそらく大豆グリッツ、小麦麦芽フレーク、オーツ麦フレーク、ひまわり種グリッツ、小麦ブランカナ。(売り場の表示より。)
・ライ麦、麦芽粉を使用していて、噛んだら酸味がガツンと!ライ麦の味は分かるけど、他の穀物の味は判別しづらいなぁ。
・もっちりした噛み応えはあるものの、ベーグルならではの引きは弱いような!?
・でもでも、きゅっと詰まってもっちり感がある食べ応えは、ベーグルならではと言っても良さ気ね。見た目も茹でてるっぽいしねぃ。
・焼くと酸味が抑えられ、甘みが引き立つの。雑穀の香ばしさと焼き目の味が相まってすごくおいしい!


グリッシーニ(黒糖) 300(税込)
グリッシーニ
・香りはちと酸っぱめながらも、酵母っぽくもあるカナ~。
・食べたら甜菜糖のやさしい甘みと、全粒粉らしき粉の味が前面に!追ってやさしい黒糖の風味と甘みがほんのりと現れるわ。
・甘くなくって、舌触りもザラザラと無骨。バリバリボリボリ硬い食感で、素朴かつナチュラル!でも超おいしーい!
・はっきりとしない味笑なんだけど、噛めば噛むほど旨味が出てくる複雑な味!手が止まらない!!
・他にはきな粉、くるみ、黒ゴマ、五穀の味もアリ。乾燥剤もちゃんと入っているの。
・お店のお姉さんが、「水分が少なくて賞味期限も長いから、車に置いとくとちょっと食べるのにいいんですよ~。」ですって!危険笑!!


・一時休業を底だとすれば、そこからどんどん上がっていっている「一歩」さん。
・もろもろを考慮すると、開店してから今が一番ナイスな状況なんじゃないカナぁと感じるわよ。
窓
・それにしても、まさかハニートーストがイートインメニュにあったなんてね~♪まさかの存在だから、こりゃあ出直して食べに行かなくっちゃー!
・以前に比べて俄然オススメだし、以前行ってしばらく行ってない人にも再訪して欲しいお店。
・この日売り切れだったグリッシーニの五穀味は、アタクシ的にマストリベンジ!また立ち寄ろうっと


あーおいしかった★



一歩 ベーカリーFacebook
長野県北佐久郡軽井沢町追分578
0267-41-6511
10:00~17:00
水・木曜日
店内禁煙・テラス席喫煙可(たぶん)
温便座有り・ウォシュレット有り・清潔感とても有り


1~5、13枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
6~9枚目:DMC-GM1K *LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
10~12枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
関連記事
[ 2016/04/16 15:10 ] 軽井沢・御代田のお店 | TB(0) | CM(0)

戸塚酒造 @佐久


・今日は「戸塚酒造」さんを紹介!
・日本酒「寒竹」を作っている酒蔵さんと言えば、このあたりの人は皆さん分かるんじゃないかしら~。
外観
・なお外観や入り口には「戸塚酒造店」と記載されているものの、現在の正式名称は「戸塚酒造株式会社」の為、この記事では「戸塚酒造」さんと記しまーす。
・画像左の方に見える「日本一?小さい酒蔵」って垂れ幕が、気になる酒蔵さんでもあるわねぇ笑。


【場所・アクセス】
・佐久の岩村田商店街にアリ。過去に紹介した「和泉屋菓子店」さんの向かいにあって、商店街の中ではわりと中央に位置しているカナ。
・最寄りの岩村田駅からは徒歩約9分!佐久平駅からは徒歩約20分のよう。
・お店の真ん前が「岩村田」のバス停なので、タイミングや諸事情が合う人はバスが一番便利だと思うー。
商店街
【駐車場】
・商店街の中の店舗+「日本一?小さい酒蔵」と名乗っていながら、駐車場は完備されているの。
・店舗すぐ横のがらんとしたスペースに2、3台は停められる上、お店の裏側にも5台程駐車できるんですって!
・お店の裏側には道を回って行かないといけないんだけど、幸いお店の前の道にはちょっと停車をしてもそんなには通行の妨げにならないので…
・裏側の駐車場への行き方が分からない場合は、ちょこっと停車でお店の方に詳細を聞きに行けるくらいの余裕はあるわ。ご安心を~。


【店内の様子】
・今回アタクシが目的としたのは、酒蔵に併設された直営ショップ。
・建物自体は古くてスペースもさほど広くないながらも、キレイにされている店内は清潔感がバッチリだわ。
店内
【お店の方】
・この日アタクシが伺うと、カンジが良くて明るい女性が丁寧に接客してくださったの。
・もちろん商品知識も豊富で、ご自分の好みなども話してくださり、さすが直営店舗!なクオリティを感じたわね。
・この女性はおそらくアタクシのMomより年上??くらいなのですが、ちょうど休憩時間で酒造部門から店舗隣の事務所に引き上げてきた方々を見てビックリ!
・皆さん若いー!!男女合わせて計7人くらい見かけたけれど、皆さん40代未満に見えたわ!
・しかもその方々全員が、アタクシの横を通る際に「いらっしゃいませ」と声掛けくださってね。とてもいい気分になっちゃったわよ笑!


【商品】
・寒竹シリーズは一通り並んでいて、その中にはもちろんイオン佐久平店やツルヤなどでは販売していない商品も多数。
・一方で、「いつもの寒竹」も当然アリ。地元佐久では、「寒竹が一番好き!ウマイ!」って言う方達がすごく多いのよー。
・また、「戸塚酒造」さんはそば、トマト、麦、芋の焼酎も製造しているの!トマト焼酎は全国唯一ですって!
焼酎
【試飲】
・店内には試飲用の冷蔵庫があり、試飲したい旨を話すとプラのカップにお酒を注いでもらえまっす。
・全部のお酒の試飲が用意されているわけではないっぽいものの、だいたいはOKでトマト焼酎もあったわよ!
・ただプラのカップは使い回すから、都度洗ったり交換したりするスタイルではナシ。
・この日アタクシは車で行かなかった甲斐があったー!試飲しまくって、上機嫌~♪


【酒蔵見学】
・残念ながら「戸塚酒造」さんでは酒蔵見学は開催していないんだそう。
・本来業務がとてもお忙しいからだそうで、よっぽど団体かつタイミングが合わないと、酒蔵の案内はしていないと聞いたわ。
・道理でHPを見ても、見学の類の案内が一切ないわけだーっ。
貯蔵タンク
・しかしアタクシが見学の話の流れで「そうなんですか~。残念~。」とか話していたら、なんと貯蔵タンクなどならちょこっと見せてくださるとのコトで!!
・たまたま休憩時間だった若い男性の方が、軽い案内をしてくださったのよ!!お休みの時間なのに、ホントスミマセン…
・この方は嫌な顔一つせず、アタクシのような無知な者の疑問や話もよく聞いてくださってね。とてもうれしかったわ。
・ちなみに、右に見切れて写っている木のドア枠の向こうで日本酒を仕込んでいるんですって!もちろん立ち入り厳禁!!


・杜氏さんは夏の間は納豆は食べないとゆー定番の話を聞いたりしながら笑、見せて頂いたのがコチラ!酒粕~!!!
・こうして木桶で酒粕を保存している酒蔵さんは、どうやら現代では珍しいとのコト。
・アタクシ知らなかったんだけど、出来立ての酒粕が板状で、時間が経った酒粕が柔らかい状態なんだそうで。
酒粕
・ぐちゃっとしたモノから水分が抜けて板になるイメージを勝手に持っていたから、マジで驚き!!つーか食べたい!
・この酒粕は、前出の店舗で販売されると聞きましたわよん♪
・酒粕の桶には下の画像のようにシートがかかっていたのに、男性の方が「せっかくだから」とわざわざ取り外して見せてくださったのよ…なんてご親切なのでしょう!!
・ですがコレはたまたまでアタクシがラッキーだったってコトで。基本見学は一切できないと思って訪店してねぃ。


・貯蔵タンクや酒粕の木桶が並ぶ暗い通路を抜けると、パッケージされたお酒を保存している蔵が登場。
・「日本一?小さい」と謳っていても、縦長と言いますか奥行きがあるのねぇ。
ケース
・つーかこの酒のケースの山!すごい数!寒竹を始め「戸塚酒造」さんのお酒が、それだけ愛されているんだなぁと実感。
・あ、そうそう。画面左の奥の屋根がある部分を通り抜けた場所が、先程記した店舗裏側の駐車場になるみたいよ。
・充実の時間を過ごしたアタクシは気になるお酒を購入!ですが残念ながらバスの時間が合わなかったから、駅まで歩いて持ち帰り~!!


寒竹 純米吟醸 無ろ過(720ml) 1728(税込)
無濾過
・佐久で作られた美山錦100%使用、精米歩合55%、アルコール分17.5度、日本酒度4度、酸度1.7度。生貯蔵原酒よ。
・香りはフルーティーで米っぽさ少なめだわ。
・飲んでも辛口フルーティー!まろやかで香りがぶわっと広がって、味自体は飲みやすいかと~。フレッシュ感に納得♪
・でも同時にアルコールっぽさもガツンときて、焼けるような喉越しなのよ。度数以上に強い印象。刺さるイメージね!
・白ワインから遠からずなその爽やかな飲み口は、お店の方からカルパッチョにも合うと伺ったような気がするわ。(たぶんコレのコト。)
・無濾過のわりに上品な飲み口!とは言え、いつもの寒竹よりは主張がアリ。飲みごたえもなかなかよん。


寒竹 しぼりたて(720ml) 1144(税込)
しぼりたて
・長野県産米100%使用、醸造アルコール入り、アルコール分18度以上19度未満。分類は清酒になり、生詰めの為要冷蔵よ。
・尖ってるトコと丸いトコのある香り。でもやっぱ尖ってるカナ笑!?
・お味は、辛口ながらまろやかさも。コレは醸造アルコールのおかげかしら~??
・スッと鼻に抜けるアルコールっぽさが爽やかで、無濾過と違い喉が焼けるカンジはナシ。
・フルーティーと言いますか甘みすら感じられ、とーっても飲みやすいの。
・米や麹の味も、なんとなく分かる気がするみたいな笑。
・しかしつまみと合わせても、辛口の尖った味は負けないわ。意外に芯のある味なのねぇ。


・んー、酒の味を言葉にするのってとっても難しい!!
・食べ物よりもより抽象的な味な上、酒の効果で記憶や味覚が曖昧になってしまうんですもの~。
・なので、皆さんの感想と違ってもお許しくださいね。自分でも自信がないのですー笑。
国酒
・「戸塚酒造」さんは初めて入ったけど、とっても楽しかったー!
・こういった全体に漂う良い雰囲気が、お酒にも反映されているのかしらーとか思ったりして。
・寒竹が佐久の人に愛される理由がなんとなく分かった気がして、更に寒竹が好きになったわ!もちろんまた飲みます


あーおいしかった★


戸塚酒造 (Facebook Instagram
長野県佐久市岩村田752
0267-67-2105
8:00~18:00
日曜日、祝祭日、土曜日不定休


1~7、10枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
8、9枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
関連記事
[ 2016/04/14 15:10 ] 佐久のお店 | TB(0) | CM(0)

宮崎産緑茶カステラ @ツルヤ


お寺に寄ってみました。
お寺って、とても神秘的で有難い空間だと思いまっす。
寺
若い頃は「どうして親はキリスト教の幼稚園に入れてくれなかったんだろう!?」とか思ってましたが、今はお寺経営の幼稚園に入れてくれたコトに感謝。
時代的にアタクシが入園した頃がほぼラストチャンスだったし、今思えばホント仏教の幼稚園で良かった~♪
(写真のお寺はアタクシの幼稚園とは関係ございませんっ。)


こだわり茶カステラ 299
カステラ
・久々のツルヤオリジナルカステラは、またもや登場市瀬さんのお茶!!
・まだ旧作をコンプリートしてもいないのに、新作を買っちゃいましたーっ。
・ついこないだ紹介した、宮崎の市瀬さんのお茶パックの記事はコチラ


・原料など各種情報。
・膨張材不使用な上、添加物も使っていないでござる~。
原料など
・過去に紹介した同シリーズはコチラ。→【紅茶【はちみつ
・更にその他にポッポ牛乳味と黒糖味があり、発売当初から現在までディスコンになった味はない模様。
・ただ、時期によっては見かけなかった味もアリ。品揃えには店舗や季節でバラつきがあるのカモー!?


・過去に買った同シリーズのカステラは、開封5分くらい前からパッケージごと引っ繰り返しておくコト推奨だったので、今回も引っ繰り返しまーす。
・が、開けてみてビックリ!上の茶色い部分とパッケージの間にペラリと紙が1枚入った為、茶色い部分がパッケージにくっつくコトがなくなったのだーっ!
引っ繰り返す
・その紙に茶色い部分が付着してしまうってコトもなく、少なくともこのお茶味に関しては、こうして引っ繰り返しておく必要がなくなったと言えるわ。
・今回は量るのを忘れちゃったのだけど、持ったカンジはおそらくカステラの総量は300gかと~。


・そしてこのお茶味はかつて紹介した2味と違い、ドーンと1本入り。
・あのペラペラ横長×3本入りとゆー、意味不明かつ扱いにくい形状じゃないのです~♪ってわけで、今度こそ本当に自分の好きな形に切れるわよ!
1本
・あんまりお茶の香りがしないけどー??と思いつつ食べると、めっちゃ弾けるお茶の風味!!
・抹茶よりは濃厚でないものの、確かに緑茶ならではのあの葉っぱ的なフレッシュな風味がふんわりと広がるー。
・しっとりふわふわながらも生地の密度が高くって、食べ応えもあるわね。


・ただ、紅茶味と一緒でめっちゃ甘い!!緑茶味の飴くらい甘い!!1切れでもういいってなるくらいの甘さなんだわよ…
・そのせいで、もはや上下の茶色い部分がサッパリと感じるくらいね笑。
・後味も口の中がいつまでも甘ったるく、強いとゆーよりしつこい甘さよ。
カット
・なお、下に敷かれてる紙は結構茶色い部分を持っていってしまい、紙を剥がすと下の茶色い部分はほぼなくなってるー。
・アタクシ的には甘過ぎてリピはナシ!パフェとかトライフルの一部として使用するとか、甘さを薄める工夫が必要だわ~。
・せっかくはちみつ味はフツーの甘さだったのに、この激甘を何とかして欲しいっ。超甘党の人にはオススメしまっす


あーおいしかった★


1枚目:DMC-GM1K *M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
2~6枚目:E-P5 *M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
関連記事
[ 2016/04/12 15:10 ] ツルヤ | TB(0) | CM(0)